車の話

 1976年2月  編集日2018年7月7日
その昔、人々は 《いつかはクラウン》 とテレビコマーシャルで言って、その車に憧れステータスとも思っていました。私どもは結婚して最初に購入しました、《いきなりクラウン》です???作画中

 なんだかすごい話のようですが実は若くしてお店を出すので資金が不足しておりました。そこで友人に安い車はないかと相談したところ
知り合いの中古車屋を紹介してくれました。昭和51年の年初めの頃です。
女房と二人で南区のその店に行きました、車屋さんもご夫婦で応対してくださいました。

 友人を通じて予算だけ伝えてあります、先に述べたように資金不足のため希望価格は5万円です。
そりゃーそれなりの代物ですわな。勧めてくれたその車は、まず年式は分からないがとにかく古い、ヘッドライト
チェンジレバーはハンドルの横ドアは観音開き(ロックは破損)、塗装はハゲハゲ(薄い水色)、エンジンは何とか動く。。。

 仕方なく購入して、その帰り道ふとルームミラー見ると喜んで見送ってくれたとは思うのだが、気のせいか何故かお二人(中古車屋の夫婦)
が薄笑いを浮かべているようにも見える。何だか小ばかにされた気もするが値段が値段だから・・・
数日使い続ける、でかいだけで頼りがない、何だか変な走りだ。

 ある朝、仕入れのため駐車場でエンジンをかける、かからない?バッテリー上がりだ、一計を案じブースターケーブル
を借りようと、当時ひいきにしていた名タクを呼ぶも断られる、当時結構領していたのにねえ。
他社に変更しました、大人げない、半分子供みたいだから。
 
 仕方なく臨月の女房と押し掛けする、今の人には押し掛けとは分からないともいます。ギアをチェンジレバーで操作す、ロー、セカンド、サード、トップとあります。ミッション車どこにも入っていない状態をニュートラルポジションくどいですがもう少し説明しますニュートラルで車を押します、スピードが付いたらギアをセカンドに入れてクラッチをつなぐとエンジンがかかります。早朝仕入れに行くときこの作業を二人で行ったのです、しかも臨月よくも無事で済んだものだと
この話を書いているうちに何だか昔このブログに書いたような気がします。今更止めるわけにもいかないのでこのまま続けますよ


このお話は思い出しながら、時間をかけて書いていきます。