本文へジャンプ

お店紹介

昭和51年2月13日金曜日、仏滅、雨・・・
当店はこんな縁起の良い日に開店しました。
以来42年間皆様のお陰で今日まで無事に続けられているることを
心より感謝いたします。


 
営業時間=午後5:30〜深夜1:00

  定休日=毎週水曜日、第4火曜日



トップページにある「絶滅危惧種寿司屋」とは !

今は時代の流れとはいえ、若い時から何年も修行して自分の店を持とう
と、いう人は少なくなったと思います、又はできにくいと思えるからです。

このような形態の店は私たちの代で終わりかもしれません。
昭和時代の一部分を見るような気持で、ホームページを訪れてください。

自分の二人の息子も全く別々の道へ行きました…
この時代、息子達に無理をして店を継がせなくて良かった、と思っています。
時代の変化による、苦労が目に見えているからです。

私たち夫婦は、この仕事を本当に楽しんでやってきました。
多くのお客様が応援してくださったおかげです、まだまだ、続きます。

「光陰矢のごとし」とは、よく言ったものです。
今は残された月日を(20年位かな?いつまでも同じことを言っております)
お世話になった方々に少しでも御恩返しができたら良いなと思っています。

御恩返しとはいっても真心をこめてお寿司や料理を提供し、
心を込めて、おもてなしする事しかありません。

申し遅れましたが私,店主、大橋 健二(69歳)と申します
妻は和枝(66才)よろしくお願いいたします。




2018年8月15日 アユ釣り名人の大塩様 九頭竜川推定25センチ

      

店舗外観。                               ある日のネタケース

      

美人女将?が接客します。                          自作水槽システム

      

        
柳橋中央市場





店主仕入風景、 → 2007/7/26

客席=カウンター9席、テーブル4人掛け×2 
本当に小さなお店ですからお一人でも気楽にご来店いただけます



お客様の了解を得て掲載しました、これからも増やしていきます。
2016年4月9日


イタリア人ファミリーご来店、加藤先生の研修医
2016年5月16日


加藤先生3度目のご来店

当店を借り切って新人医師の歓迎パーティー、アメリカの研修医3名


2016年8月22日
   
2016年8月6日               2016年9月9日“新”ママとチョーさん

2016年11月1日
加藤庸子教授、ロシア人医師二人、旭川病院の外科医、手前の人は伴種病院脳神経外科医師、川瀬司 准教授



昭和51年2月13日金曜日開店日
ドラゴンス、田尾、上垣さんがご来店下さいました。
店主も女将も20歳代です。あれから40年〜


   
中央は女房の妹
セピア色になった写真を見て私共の歳月を感じます、、、、、

    

トップページへ戻る