オヤジの日記 《旧ページ 》

トップページに戻る
アクセスカウンター

2019年・平成31年

   2019年3月21日(木)
     無題


 昨夜遅く、加藤庸子先生ご一行がご来店です。
いつもそうですが"オペ "の後が多いです。7~8人のチームのようです。
今夜は11時30分、いつもより遅いので開始が遅いのかと、お聞きすれば午前中開始との事。

12時間以上手術室にいたそうです。「そんな長時間交替しながらですか?」
自然に聞いてみました、加藤先生曰く 「大将だって仕事は通しですよね。」
同席の助教授が云います、「飲まず食わずですよ」 加藤先生「集中してますから」 愚問でした。

加藤庸子先生は右の書籍出版されました。2冊頂きました、謹呈のメモが添えてありました。
最近は専ら電子書籍で本を読むのですが、紙の本は数年ぶりです。
読めるのかな、と老眼を気にしながら開いてみると、文字が大きく、読みやすいです。

語り口調の文章で、あっという間に半分読み終えました、愚問に対する答えが分かりました。
先生の歩んでこられた道、ある程度想像していた通りです。
恐れ多いいのですが、考えが同じ部分が多々あります。

一番は目の前の問題を片付けていく、という件です。残りを早く読みたいです。
本の宣伝ではないのですが、読んで損はないです、お人柄がよくわかりますよ。




    2019年3月8日(金)
     なんともむつかしい問題が


 今は当ホームページトラブル続きです。何とか奥の手で、こうして更新しています。
もしかしたらスマホではうまく見れない?PC版では見られるので切り替えて見てください。
俺の能力では処理が追い付かない、「もはやこれまで!!」状態。


    2019年2月15日(金)
     またもや難題が
 

 ホームページが更新できない、修復には時間がかかりそうです。
確定申告が終わり次第に取り掛かりますぞ。スマホ版がだめだ!


愛寿郎の仕事、性格出てる。


   2019年2月6日(水)
     変な方向に走る予感

 うしてこうなったのかはわかりません。
当ブログが華華しく色づいてきました、春はもうすぐ!
まあー楽しければ良いってことかな。

それ以上のコメントは差し控えるよ。

   写真は著作権法で保護されています

                                                    




   2019年2月4日(月)
     楽しいご夫婦

 日は節分、お客様の写真
右が18年、左が19年、同一人物です。
違いが分かりますか?

お面の大きさ、それもあります。
右の写真のお面の下に見えるのは首?よく見れば顎です。(拡大)

お面が小さいのではみ出しているのでしょう、黙っていれば誰も気づかないことを俺に写真まで送って伝えます。

拡散希望なのでしょうか?幸いお面をかぶっているので人物特定はできないでしょう。暴露合戦が始まる。

昔、親や先生によく言われたこと、人の顔や体の特徴を笑うのは良くないこと。

愛し合っていればこそできる“かまいあい”ですなぁー 楽しいご夫婦です。
写真の掲載、不愉快でしたら直ぐに削除いたします。
よく見れば左の写真も同じでした!!



  2019年1月2日(水)
    明けましておめでとうございます。


 けましておめでとうございます。どうせんでも年は明けるものですな。
正月早々あくせくと働いております。今年も皆様や俺達にとって良い年でありますように。
明るく元気で過ごしたいと思っております。落ち着きましたらオヤジの日記書きます。



2018年・平成30年
  2018年12月30日(日)
    ご指摘を受けて


 多くの方から(見栄を張ってる)親父の日記が更新されていないと、ご指摘がありました。
ネタ不足と生来の怠け者です、ご容赦ください。


以前から気になっていた油絵、詳細は追々。
無断転写!!
作者はお客様のお嬢様、美術大学生です、会ったことはありません。
そのお客様が娘さんのことを話してくれた折、LINEの写真を見せてくれました。
写実的な少女像がたくさん描いてありました…一枚ほしいとお願いするも断られ。

2018年12月某日ようやく一枚いただきました。
最初見たときとは作風が変わっていたのです、教授の勧めで画風を変えたとの事です。
俺はこちらも良いと思う、若い人の力には感心する、遠く及ばないから。


今年一年の応援ありがとうございました。
明後日からまた頑張ります、店もホームページも。
  2018年12月3日(月)
    時代に乗り遅れない


 (じじい)のくせに時代に乗り遅れまいとまた始める。キャシュレス社会、
日本は遅れているらしい、俺の店ではクレジットカード決済ができる程度だ。
先日若いセールスマンが来てQRコード決済PayPayペイペイを、勧める、普通なら悪いが門前払い。

気にはなっていたから、数日検討して導入を決めた。来る東京オリンピック、インバウンド対策なんてね。
ソフトバンクヤフーの運営だから何となく安心してして、アリペイ(中国の電子マネー)にも対応
設定は簡単だが、またしばらく慣れるまでまで面倒なことになる。

すぐには集客に繫がらないだろうが、やってみることにした。
世の流れについていくには大変だ・・・


  2018年11月21日(水)
    ばんたねびょういん


 供の頃の思い出、海水浴は知多半島の新舞子、大野、潮干狩りも同じでした。
名古屋駅から名鉄常滑線に乗って、車窓から見た赤いネオン、"ばんたねびょういん"ひらかなで子供でも読めました。
当時は殺風景なものです、周りには目立つ建物や景色はありません、このネオンが今でも思い出される。

俺は熱田生まれで、瑞穂育ち、まさかここ"ばんたね病院"真ん前に住んで、2度も入院して、何かの因縁を感じます。
この地、何の縁もなかった尾頭橋に根をおろし、この土地で商売で皆様にお世話になってになって、43年夢のような年月。
二人の息子は、この病院で産まれました、特に長男は病弱で通いました、カルテなんぞ分厚くて日記でもこんなには。

女房の苦労は計り知れませぬ。この病院は世間の評判は今一ですが、俺にとっては命を救ってくれた病院。
これから先の健康管理もお任せ、百歩足らずで行けるところも良い。這ってでも行ける??最後はここからあの世行??
しかし、俺はまだまだ働き盛り、な~んてね。
四十、五十は洟垂れ小僧、六十、七十は働き盛り、九十になって迎えが来たら、百まで待てと追い返せ。
     
渋沢栄一の名言





  2018年11月18日(日)
    あら嬉しや


 のようなタイトルでは失礼とは思いますが、先日ご来店くださったご夫婦のことを書きます。
旦那様とは15年ほど昔、俺がまだゴルフをやっていたころ、何度かラウンドした間柄です。
人づてに聞けば、建設会社営業職の彼は、いつの間にか東京に転勤していました。 時々は思い出していました。

彼は偶然、寿司はしのホームページを見つけて、思い出してくれたのです、ネットの普及していない時代(世代)によくぞ。
今日はUSJに行った帰り、夕食は寿司はし、と決めていたそうです。( 俺たちはディズニーランド&USJ未経験 )
奥さまと二人で昔、召し上がった料理を変わっていない、と懐かしそうにフルオーダー、美味しいの連発に、あら嬉しや。

来年定年を迎えるそうで、お聞きすればその後は何もなされないで、ゆっくりするそうです。
営業職の彼は自由奔放に生きてきた。今までの罪滅ぼしに奥さまサービス、と嬉しそうに話せば奥さまが微笑みます。
それは素敵だなと思います、俺達には真似できない。

私共には良いのか悪いのか、定年はありません。それは喜ばしいことととらえ楽しんで働きたいです。
常々思っていることは、アクシデントのない限りは、続ける、しかしそれを決定するのはお客様。
当店女将はやる気満々、俺は気力体力次第、幸い回復上昇傾向にあり、やるからには集中力!。

この仕事、様々な人々の人生を・・・

  2018年10月8日(月)
    Are you American?

       Mr Coach (パイロット) Googleでご来店です。常連さん達と良い雰囲気。

         

AerがAer you American?(Aer)は付け忘れました) とお聞きするとYesだって、彼の職業はパイロットです。
陽気なアメリカン、居合わせた常連の皆さん単語をつなぎ合わせてコミニュケーション、助かりました。
ちょうど忙しくて応対ができず、困って入店をお断りするところでした、皆さんの心遣いで入店です。

しかし予約で席が詰まっていて、テーブルに一人掛け、何だか淋しそうです。
言葉でうまく伝えられなくて、外国の方に失礼かと思えども手一杯、なんともできず目で詫びます。
しばらくしてカウンタ-席が空いたので移動していただきました。もう少しで帰してしまうところでした。

トロ、いか、アナゴ、マグロ、こはだ、貝柱、またトロと結構食べなれたご様子、
隣の男性は、お寺のご住職ですが、英語で坊さんのことをなんと言えば良いのかお困りです。
入り口に見えました、ご住職の娘さんが答えました、聞き取れません、なんですかねぇ~ 坊さん:Buddhist monk

お年はと聞けば50歳だって、俺にはもっと若く見える、外国人には少し警戒心がおきます。
彼は最初からフレンドリーです。ビールも2本、寿司をつまんで満足そうでした。
名古屋クラウンホテルにお泊りで、すし屋をGoogle検索、何で尾頭橋の寿司はし、なんでしょうかね?

一人の女性の写真を見せ、明日がラストフライトですって、何だか淋しそうな表情、彼女かな?。
彼はスマホの写真を我々に見せながら、いろいろなお話をしてくれました、
ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

最後に彼から1000円チップをいただきました。
Thank you very much, Mr. Coach



  2018年9月26日(水)
    その年代ごとに思った事


 10歳代、20歳代・何もない・・・ずっと考えていましたが諄いことなので辞めました。



  2018年9月10日(月)
    猫の話

 ゴミ出しの朝、と言っても午前3時、自宅マンション前に黒猫がいて目が合う、お互い逸らさない。
不吉な黒猫め!! と、昔の俺なら思ったがね、不吉だと信じていたが、ある人の話を聞いてから考えが変わりました。
不吉だと思っていたものが、逆に幸運を呼ぶ生き物だと思うようになりました。

40年も前のことですが、キティーハウスというスナック(今池?)がありました、ここのママさん屋号のとおり大の猫好き。
黒猫は縁起が良いと聞かされたのです。俺は子供のころ化け猫の映画を見たおかげで、猫恐怖症になっとりました。
それこそ夜道に黒猫が横切ると不吉を感じて引き返したり道を変えてりしていたほどです

キティーのママさんに話をきいたら、なぜだかよいことが起きるような気がして。事実、良いことが起きるのです
黒猫が横切ると店が繁盛する。単なる偶然だとは思いますが何度も起きる現象です、いまだに。
店が暇なときは黒猫を見かけません、どうでもいい色の猫はいますがね、不思議なことです。

40年以上このジンクスは続いています。験担ぎが好きなオヤジです、黒猫を見かけると通り過ぎるのをわざわざ待つ。
努力が足りない!  と、思うのですが神仏頼み縁起担ぎは治りません。
あれ~この話、どっかに書いたような気がする、まあいいか。



   2018年9月9日(日)
    ほんわかとした気分


 日のこと、3~4回ご来店のお兄さん、カウンターで注文するも食事中ずっとスマホ操作です。
今どきの人かと思うが、何だかねと思う。写真を撮ったり文字入力したりして忙しない。
会話もできないので、寿司と料理を出し終えてから溜まった洗い物を始める。

しばらくしたら俺に写真を撮らせてくださいという。よくインスタグラムに投稿するため寿司や料理を撮る人は大勢いる。
ですが、俺を撮らせてくれという人はまずいない。訝っていると、彼の妹さんとライン交換をしている途中です。
どうしても俺の顔が見たいという、俺は何も困らないから、承諾すると一枚目は失敗、二枚目を撮り終えて送信した。

訝る俺にやっとその訳を話してくれる。妹さんは二か月ほど前に嫁がれて少し遠くに行ってしまったそうです。
 「 晩婚です。」と余計なことを言う、寿司はしのファンでよく通ったそうです、お名前を聞いてもわかりません。
名字を聞いて分かりました。20年以上、年2回以上通ってくださったお方です、気立てがよくて、可愛らしいお嬢さんでした。

内心、もう会えないのかとがっかり。仲の良い兄妹なのでしょう、今度一緒に来ますといってくれました。
彼女は殆どがお持ち帰りで.、あまり会話を交わしたことはありません。
女将といつも話していました、いいお嬢さんだねと。当店のことを気にかけてくれて、ありがとうの気持ちでいっぱいです。

それにしても別々に来てくださった、兄と妹が繋がらなかった。
ほんわかとした気持ちになりました。こんなことを多く感じる今日この頃です。



  2018年8月30日(木)
    あまりにも


 正義という人物、今まですごい人だとは知っているが改めてみつめてみると、その偉大さに驚かされる。
その内容を書くには大変ですから一つのリンクを張っておきます 孫正義リンク 彼は神の申し子なのでしょうか。
YouTubeで彼の講演を見ていて感心することがありました。目的を達成したら全財産をつぎ込んでその上をいく、

只の勝負師ではない。事業がうまくいったときは、週1兆円単位で資産が増えたらしいです。
そしてある時期3日間だけビルゲイツを抜いたそうです。感心しきり、何だか違いすぎる。
しかし人々はそれぞれ生きている。比ぶべくもない、只々感心するのみ。

とまぁー 眠る前にアイパッドで見ていると女房がそばに来て言う。
「店の電球を全部LEDライトに変えたら電気代がかなり違うよ。」と、こまごま話し出す。
 「俺は1兆円単位の話で胸がいっぱいなんだぞ。」 女房笑って、そして黙る。

あまりにもスケールが違いすぎる話です。
世の中、色々ありすぎて考えると怖い。ノー天気(呑気)な女房に救われる。
単なるノー天気とは違う、生きる力とも思える、例えようのない人格、リスペクト・・・

この章終わり。

  2018年8月21日(火)
    無題

 お客様から刺激を受ける、俺は毎日ネットや雑誌テレビなどで事件やその日の出来事、或いは様々な情報をインプットしています。
そのままでは脳内ファイルは何処かへ消える。お客様との会話で情報を引き出して検証したり新たな情報を得たりすれば考え方を整理出来る。考えてみれば何て有難いことか、商売をしながら毎日のことが勉強になる、趣味とも相まってボケ防止になるかな?

近頃は老化のためか難行苦行(軟行喰業
)とも思える作業を繰り返すのです、嫌ではないのですが根気が続きません。
病気とも思えるほど、体力気力が衰えてしまいました。これではいけない!!
我が人生、これまでも多くの危機を乗り越えてこられたのだから、神様仏様これからもよろしくお願いします。

なんてことを思っています、気力体力不足もそのうち戻ってくると期待して静かに待つのです。
大分県日田市のスーパーボランティア尾畠春夫78歳さんを見て、俺も頑張らねばと思いましたとさ。
綾瀬はるか主演のドラマ 「義母と娘のブルース」 略してギボムス面白い、第六話久しぶりに泣けました

  2018年7月28日(土)
    自分達が頑張っているわけではない


 風12号どんなコースを取るのかは今の時点ではわからない。( 現在名古屋は直撃を免れる、29日AM 2:50 )-
店は休んでもよいのだが、日曜日に注文が入ったので柳橋に仕入れに行った。
結果、店が忙しくお客様にご不便をかけることがなく良かった。全てがうまくいっている。

何だか人様に動かされていく、43年間、時代々々の常連さんたちにさ支えられた年月を考える。
寿司はしにも大きな危機はあった、その都度誰かが支えてくれる、本当に様々なお方がです。
その行為に答えようと頑張ったことが42年間続いたのだと思う。

うまくは言えないが、お客様が寿司はしを存在させた。 あれれ― 分からなくなってきたぞ。どんどん馬鹿になる。
関係ない話だが、年をとっても仕事量は変わらない、むしろ増えている。一人ブラック。働き方改革。

またまた関係ない話、先日初めて孫二人を預かる、嫁さんの粋な計らいか?詳細は後日の日記で。
俺は生来の方向音痴、首都高速で同じところを3度回る、女房に何度も詰られる「うるさい!」誰にも弱点はあるのだ。
それにしてもナビがあるのにこのありさま。孫たちと遊んでの帰り道でした。

古希の祝いをやるらしい、何だか嬉しくないぞ。還暦がついこの前のような気がする、、、、、

  2018年7月19日(木)
    思いは皆同じ


 西日本豪雨に被災された方に心よりお見舞い申し上げます。
名古屋は数十年来大きな災害には見舞われてはいません、安心はできませんが恐れてばかりもいられない。
普段どうりの生活を続けること経済活動が復興の力になると思う。

年をとっても仕事量は同じ、有難いことだ。
やりたいことは山ほどあるが時間がない。体力気力不足、何とかしなければ。
ジタバタ じたばた ヾ(:3ノシヾ)ノシ jitabata


  2018年6月15日(金)
    無題


 が家の隣にマンション建設中、10階建て当家は8階建ての5階です。
突然に南3室が2メートルの間隔で塞がれます、入居当時古い家屋がありましたが恐れていたことが
おきます。去年知らされた時はなんと理不尽なことと夫婦でぼやいていました。

長いこと生きていますと様々なことが起きます。終の棲家がこのようなことになるなんてショック!
しかしよく考えてみますと、ここで二人の子育てを終えた後でよかったと思う。
我がマンションができた時には、やはり隣の住人にはかなり迷惑だったことでしょう。

自分で考えて起こしたことではなくとも、知らぬ間に人様に迷惑をかけていたのです。
「お互い様」の言葉は当てはまらないですがね。3月から始まった建設工事約1年かかります。
騒音はすごいですが、耳栓をつけて難なく睡眠はとれています。

私どもは生活が人様と真逆で工事中の昼間に寝るのです、50年以上昼夜逆転。
右の写真は5階の寝室から写したものです。基礎工事が終わり一階部分が立ち上がるところです。
8月過ぎにはブラインド状態になることでしょう、刻々と建設が進むのを目撃します、2メートル隣で。

南側の窓が塞がれると言っても昼間はカーテンを引きっぱなし、どうってことはないですがね。
愚痴ではなくて考えさせられる、人生色んな事が起きる、これも一つの出来事です。
忘れているが過去にはもっとあったはずです。

日記の更新が進まない、こんな話題でも書き綴れば勘が戻るかな?



  2018年6月2日(土)
    割れ鍋に綴じ蓋


 れ鍋に綴じ蓋 その意味をこの年になるまで恥ずかしながら思い違いしていました。
綴じ蓋をじ蓋と読み、割れた鍋に蓋をしても意味がない無駄なことをしている場合に用いる言葉だと信じていました。
調べもせず信じて疑いませんでした。恥ずかしながら勘違いしていました。人に言わなくてよかった。
正しくは下記
出典:デジタル大辞泉(小学館)

破損した鍋にもそれ相応の蓋があること。どんな人にも、それにふさわしい伴侶があることのたとえ。
また、両者が似通った者どうしであることのたとえ。

[補説]「綴じ蓋」を「閉じ蓋」と書くのは誤り。「綴じる」は縫い合わせるの意で、「綴じ蓋」は修繕した蓋のこと。

ボキャブラリーが足らない俺はこのような思い違いをすることが多々ある。
 今更言わなくてもよいのだが、気にされているお方もいますので手短に。
ドリームジャンボ駄目でした。今までどうり真面目に働きます。


  2018年5月3日(木)
    覚悟をしておけ!
 

 が家に起きる一大事、その時が刻々と迫っている「覚悟はしておけ!」と、言ってはある。
小心で慌て者の彼女はそれに耐えられるだろうか? 如何に落ち着かせるかが問題だ、心配でならない。
5月11日運命の日、思わぬ大金を手にしたとき、人はどうなるのか?かなりの確率で悪い方向に向かうようだ。

俺は何も変わりはしない【悠悠閑閑】ちなみに地方自治宝くじは手試しに5等と6等が各一本当たった、100円の儲けである。
数字の知らせ(デジタル時計の数字が揃う)はまだ続いている。ドリームジャンボ発表の日は11日だ、その日を静かに待つ。

 ットショッピング、すごく便利だから利用している。無いものは無い、ほんとうにべんりです。
以前は欲しいものを店を探すことから始まり大変な思いをした、その店も次々と閉店して買えなくなっていた。
ネットで探せは何でもある、変わったところでは、耳栓、さらし布、特殊LEDライト、電気乾燥海苔缶、高下駄、
老眼鏡、砥石を研ぐ砥石、生簀用タモ、他にも大きなものから小さなものまで何でもそろう。

便利だが欠点もある、外出しなくなる。これはまずいかも知れない、外出しないから街の変化が分からなくなる。
取り残されていくのか。情報と言えば、お客様、ネット、テレビラジオ、新聞雑誌から。だから聞いた話しかできない。
自宅のPCの前の世界はとてつもなく広いがとてつもなく狭い。ネットの世界はバーチャルリアリティーだが現実に物は届く。



  2018年4月16日(月)
    良いことがある前兆


 気なく時計(デジタル)を見ると数字が四つ揃う、誰にでもいつだって起きることです。俺はラッキーと思う。
ところが、この一月それが頻繁に起きるのだ、ただの偶然だとは思うのだが何故かおかしい、余りにも多すぎる。
毎日何度も見る、神の啓示か?何か良いことの起きる前兆か?そうだとすれば手をこまねいているのは勿体ない!

宝くじでも買わなければと思いはするが買いに行くのは面倒だ。
今の時代何でもネットで買える、検索すれば出てくるが多すぎて面倒くさいとあきらめる。買わない。そう決めていた。それでもその四桁数字は現れる、気になる。

先週の定休日に店の食器が不足していたので瀬戸まで買いに行った、5~6年ぶりかな。
その帰り道、信号の都合で通った堀川沿いに宝くじ売り場があった。
数十年前に一度だけ買った所だ、その時3000円が当たったような気がする。

今回は意識して立ち寄ったわけではない、何かにひかれて、ただの偶然なのだろう。
気が付けば、あっという間に宝くじを手にしていた。
何かにひかれるように。もう一度言う、良いことがある前兆??神の啓示か??

ドリームジャンボ、3組と地方自治1000円分(右の写真)。お決まりの夢を見る。
宝くじに当たると良くないことも起きるといわれている、外れてくれー

俺物語の途中




  2018年3月26日(月)
    宝の持ち腐れ


 金を叩いて手に入れた iPadプロ&ペンシル、設定を済ませたが、なかなか使いこなせない。
ウインドウズを使い続けて、アップルコンピュータに不慣れのせいもある、確定申告やその他雑用に追われ遅々として進まぬ。
本当の理由は視力、集中力低下だと思う、以前なら何時間かかっても成しえる事が全くダメで、明日やれば良い、と先延ばしが続く。

 何もできない日々が続く、代わりに妄想することが多くなった。例えば先日、市場に行く時に出会った女性、お互い目があった。
その女性は俺のことを知り合いのように見つめる、俺は全く初対面だということがわかる、店のお客様?
わからないから、その美しい人に思いが巡る・・・これ以上書けば変な妄想老人になるからやめときます。

 現実に戻り iPad を起動する、所期の目的のお絵かきが全く分からない、甘く見ていた。
アップルは取説がほとんど付属されていない、だからネット検索でやるしかない、面倒だがスキルは身につくかも知れない。
購入してから数日が過ぎているのにペンシルの使い方 (目的はお絵かき) が分からない、何のスキルだか。。

調べれば何のことはない専用アプリが必要だ、幸いダウンロード版が1500円程度で買えた。
少し操作してみれば、高機能な分複雑、使いこなせるのか自信がない、宝の持ち腐れにならなけらばよいが。
あー   またやってしまった、かな。


  2018年3月17日(土)
    隔世の感


 いお客様が食事中に最後のほうの寿司をスマホでパチリ、俺が 「インスタですか?」 と聞けば驚いた様子。
「大将の口からインスタとは!!」 と言う、おかしいかな、まぁ、初来店だから俺のこと知らないのも仕方がない。
20歳を少し超えた若造様だから知らないのも無理はない、むきになってるわけではない。

孫であってもおかしくはない年恰好の彼ら、爺がパソコンやらスマホやるなんて考えられないのかもね。
誰が言ったかは不明だが、俺はサイバーすし職人なのである、大したことはないが、こんな爺もいるのです。
彼らの会話では一人がパソコンができないらしい、反対側から見れば俺が今どきの若者は全てできると思い込んでいる。

これでは、俺が悔し紛れに言っているように聞こえるかも知れないが、そうではなく、隔世の感について言いたいのです。
俺の息子世代なら 「オヤジやるな!」 で、済むことだが、今日ご来店の彼らは孫の世代、改めて違いを感じる。
本当に「大将の口からインスタとは!!」が実感なのだろうね、断っておきますが彼らをなじっているわけではないのです。

付け加えれば、二人とも好青年だ、知らないことは素直に聞いて(寿司の食べ方など)俺のくだらない冗談を真に受ける。
その冗談とは、子持ち昆布は何の卵?と聞くから、昆布の卵だよ、すぐには解らなかったようだ、説明には時間を要した。
君たち純粋すぎるぞ、俺が気を遣うではないか(当然といえば当然です)これから世の中のことを知っていくのだからね。




ある記事の切り抜き、無断使用をお詫びします。


  2018年3月6日(火)
    無題


 月2月13日 "寿司はし" は開店満42年を迎えることができました。只今43年目を快走中です。
お客様からこの年数は凄いねとか言われますが、そうかな?って感じです。内心を少し吐露します。
いろいろあったこの年月、皆様に支えられて単純に二人でよく頑張ってきた、これたことは誇らしいと思います。

しかし別の考えもわいてきたのです、素直に喜べばよいものを。小恥ずかしいと、何故か感じる。
普通の人なら (全ての人とは思わないが) この年齢は現役を退いて第二の人生を楽しんでいるはず。
いつまで働いておるんだ、心の奥に何か感じる 、 「あくせくやってんじゃねーよ」 なんてね。

でもいいんです、楽しいから、求めらていると思うから、贅沢な話だが俺たちゃ恵まれている。
悩みは山ほどあるが、取るに足らないことばかりだからね。
高齢化社会、人の励みにでもなれば良いと頑張ります。色んな方に時々言われます 「大将たちが頑張ることは励みになるよ。」

小恥ずかしさに耐えながらがんばります。
記憶力、想像力、思考力、・・・要するに脳の衰えが不安だ。

  2018年2月2日(金)
    面倒なことを自ら


 は人一倍面倒くさがりやだけど何故か自ら面倒を持ち込む、馬鹿かと思うほどに、なんでかな?
もっと楽に行けばよいのに楽は楽しいと書く、持ち込んだ面倒事も確かに楽しいがそれは何?・・・
ああややこしい、結構物事を端折って生きているのに、片付けても次から次へと問題発生。

 共有する思い、勘違いかも知れないがお客様と話していると、やたらと考えが一致することが多くて楽しい。
ブログを読んで予め俺の考えをを理解してくれるからかな?まてよ、ネットをまったくやらない人もいる
考え方は "Majority" か、ただの偶然それとも高齢者だと思い、合わせてくれるだけのことかな。多分そうだ、間違いない!


 近頃、女房は誕生日にプレゼントしたタブレットでなんやかんや検索している、主に料理のレシピ。
薬の効能や副作用、それと自分の好きな歌を探して練習している、どうかなと思うが、何もやらないよりましだ。
とりあえず、タブレットでネットをそこそこに使いこなせるようになってはいる、これからの世の中は必要だから。

機械音痴の彼女は無理はしないが必要最小限のスキルを必要に応じて、いつの間にやら身につけている。
俺はテレビをあまり見ないから、DVDデッキの操作はあまり得意ではない、韓ドラ好きの彼女は、それを使いこなしている。
人は好きなことはやるということだ、俺とて気の遠くなるような思いで、やっと身につけたスキルがこれだ。

先日ホームページを見たお客様に悪気なく言われた、「あったかいホームページですね。」・・・
「プロから見ればスキルは***」 「教えることはないです」 だってさ。彼はPCのシステムエンジニアらしい。
友達になりたい。


  2018年1月26日(金)
    自分へのご褒美


 末年始に仕事を頑張りました、自分への褒美に少し贅沢とも思える物を買った。
使用していたタブレット端末が壊れたので買い替えです、読書、映画鑑賞、音楽、ネットサーフィン用、主に就寝前に使っている。
[キンドルファイア]から[アイパッドプロ]へ、一か月以上悩んでの決断です、目の悪い私には12.9インチの画面は魅力的です。

女房には贅沢だといわれたが聞き入れる俺ではない!!ポーンと買った。 
その後思いい出した、中学の時、親からもらったお年玉500円で買ったものを、500円、俺にとっては大金です。
街中にある玩具屋が開くのを待ちわびました。で、ブリキ製のカメのおもちゃを全額はたいて買ったのです。

何故かといえば当時(今でも)俺は機械いじりの好きな少年だった、電動のおもちゃが欲しかったのです。
分解して中の部品、(モーターやギア)で何かを作ろうと目をつけていたのです、期待に胸を膨らませて家に帰り箱を開けるときの嬉しさ。
しかし開けてみれば、驚いたことにそれは単なる紐をつけて引っ張る、すると首と出足が動くだけの幼児用だった。

中には機械的なものは何も入っていません、電池がいらないので変だとは思ったが、その時の残念感は今もトラウマだ。
その後の人生において何も教訓になっていない俺です。当然の事で同じ感覚を幾度となく味わうことになる。
毎年100円で済まされていたお年玉、500円ももらえば判断力はなくなる。 文中の金額と物価の記憶は曖昧である。

余談であるが当時俺はバイトで稼いでいた、家に毎月3000円(全額)ほど入れていた孝行息子だった。
[アイパッドプロ12.9インチ]本体がAmazonから届くのは2月の中頃、同時に注文したアクセサリーは二日後にもう届いている。
昨日は自宅前のバンタネ病院で一騒動あり


  2018年1月17日(水)
   お客様との会話の中で


 何気なくお客様と会話をしていると俺って 「そこまで話したかな?」 てことがあります、覚えていないだけかもしれません。
普段なら話せないこと、ブログなら話せてしまうから余分なことをつい書いてしまう、それを読んだお客様が突然話題にされます。
面白がって俺の反応を見ているのでしょう、とぼけるわけにもいかず、生返事です。差しさわりのない話だから良しとする。

用心して決して言えないことは注意しています。それでも読み返せば赤面もの多々あり。
デジャビュ(既視感)なこともありますからジャメビュ(未視感)もある、年を取るとだんだん自信がなくなる。
言った言わない、見た見ていないは大した問題ではない、楽しい会話ができればそれでよい。

己の記憶を管理するには良い刺激かも、心底ありがたい。


  2018年1月9日(火)
   変な質問


 先日のこと、テレビでは “AKB48” “乃木坂46” らが映っている。俺たちは普段見ない番組だ。
皆さんが見ているのでそのままにしておいた、その中の若い女性のお客様に問われました、「大将はアイドルは誰が好きですか?」
俺は返事に困った、迷ったからではなく知らないのだ、自分では結構芸能通だとは思っていたのだが。

いかん、いつの間にかとリ残されているではないか、アイドルのことを知らなくても困らないのだが突然問われるとね。
物知りを自負する俺としては少し焦る。何とか取り繕って答えを出そうとしたが出るわけないわ。
ジェネレーションギャップの一つかな。どんどんおいてきぼり数年前なら何とかしようかと思うのだが、今はね、、、、、

成功談より、
失敗談を語る人が、
モテる。
私の男友達に、モテる人がいます、彼は女の子に人気があるだけではなく、男からも絶大な人気があります。彼と一緒にいると、とにかく面白い話をしてくれるのです。どんな話で人を楽しませるかというと、主に「自分の失敗談」です。普通、モテる人は、自分をよく見せるために成功談を話すのかと思います。しかし、本当にモテる人は、自分の失敗談を語ってくれるのです笑いながら明るく話してくるところに「余裕」という魅力が感じられます。過去の失敗に、いつまでもうじうじしている人は、壁をまだ乗り越えていない人です。それに対して、自分の失敗を笑って語る人は、余裕が感じられます。自分の失敗を笑いながら語るところに、大きさを感じるのです。すでに失敗は乗り越え、今は大きく成長しています。たしかに成功談ばかり聞いていると、ただの自慢話に聞こえます。しかし、失敗談は周りの人に笑いを提供できます。その時点で、失敗ではなくなっています。笑いをもたらしたのですから、失敗ではなく、成功です。自分の失敗談ですから、他人に迷惑をかけることもなく、誰からも嫌な顔をされることがありません。モテる人は、成功談より、失敗談を語る人なのです。

ズルをして他人のブログをコピペ。

  2018年1月4日(木)
   あけましておめでとうございます


 年も始まりました、年末年始は殺人的な忙しさで気を失いそうでした、本当に失えば逝ってしまうのでしょうね。
ですから気を確かに持ち続けました、冗談ですよ少し思っただけ、気力は若いのです、体力もあるのです。
いくら絶好調とはいえ無理は禁物、と己に言い聞かせて何とか頑張りました。本当に瞬間的バブル期を思い出した。

今日から平常に戻ったようです、例年のことです、営業的にはロケットスタートてとこでありがたい。
泣いたり笑ったりの始まり~  ずっとできなかったウオーキングが再開できた、だけれど寒かった。

 が風邪をひいたようだ、疲れが出たのであろう、五本五本と咳が止まらない、大丈夫かい?
辛かったら休めばよいのだが彼女は休まない、休んだのは二人の子供の出産時のみ。一人が欠けても店はダメ。
俺のことで休んだことは数知れずある、男のほうが弱いのか。


2017年・平成29年・オヤジの日記
  2017年12月18日(月)
   今年も何とかなりそうです


 賀状完成!毎年デザインに悩ませられる“ 筆王 ”を使ってあれやこれやと、印刷完了。
12月は心配の月です、2度の入院これがきつかった、今年は後二週間だな
なんとか無事にと願うばかり。


 いたかったことを一つ二つ。
孫から手紙や何やらをもらい嬉しいのだが、よく書いてある言葉になんだかなぁ
「じいちゃんながいきしてね。」いつの間にか俺は言われる年になったのか、ちっとも自覚していない。

今年はなんだかんだ言っていい年でした。来年もよろしくお願いいたします。
神様仏様頼みの俺って変。

長年続けている健康運動の一つ腕立て伏せが復活した。
筋肉の病気のため1年間一回もできなかったが、10日ほど前に思い切ってやってみた。
毎日40回出来ている、微妙な筋肉痛はあるが嬉しい、不思議だ。




   2017年12月7日(木)
    何か変だ


 別に忙しいわけではない。特に悩みがあるわけではない。体調が悪いわけでもない。
今日こそはと毎日思うのだがオヤジの日記が書けない、お題も浮かばない。
仕事中やウオーキング中に色々な考えが浮かぶのだが記憶できない。

PCの前に座るとすべて忘れている。メモをするなどの根気がない、頭の中がもやもやしている。
一度脳ドックを受けるべきか、それとも順調に年を取っているだけのことか、もしかして糖分不足か。
12月は何かと問題が起きる月で過去2度も入院している。考えすぎもよくないが何かと落ち着かない、この月です。



  2017年11月15日(水)
    56年ぶりの面々


 俺の小学校の同窓会が先日開かれた、一度も参加したことはないが俺のことを覚えていてれたことがうれしい。その日、この中の3人が店に来てくれたのです。
きっかけは写真上段右の彼がネットで寿司はしのホームページを見つけてくれたから。あらためて今日はY子が旦那と友人4人で立ち寄ってくれた。

俺は数年間消息不明になっていたようだ。56年ぶりに会った彼ら、懐かしさははじめ感じられなかった。話しているうちに様々のことが思い出される。この空白の時間を飛び越えての再会は劇的!ではないが素直に嬉しい、心は少年時代に戻る。

お互い口には出さぬが年を取った、みな子供のころの面影はある、何となく甦る記憶。
現在名古屋在住組は3人、あとは東京、広島などでそれぞれ活躍している、
中には名刺の職業に占い師と書いてあるものもいる。皆、人生いろいろだ、ゆっくり聞いてみたい。

短い時間ではあったが、話すうちに当時の様子がよみがえる。懐かしさは後から・・・・

手前左端の女性(Y子)今日は旦那と友人4人で立ち寄ってくれた。
彼女は元教員で現在は旦那と学習塾を経営している。
昭和50年後半から平成に代わるまで、俺の息子の通った八熊小学校に勤務していたという。担任ではないが、なんとゆう偶然か。

彼女は先生らしく雄弁で、俺のガキの頃の疑問に全て答えてくれる、記憶力がすごい、俺の60年来いくつかの疑問が解決した。
小学校卒業時は1クラス50人以上生徒がいた、今年はこの人数だ、多いか少ないか?微妙な年代です。
来年は皆が古希(数え年)を迎えるから、他のクラスと合同でやろうとの話になった、俺も参加せねば。

この写真はホテルの会場で撮ってもらったものをスマホで撮らせてもらった、記憶と同じでピンボケだが、それが丁度よい。

昭和34年の伊勢湾台風の話、皆よく覚えていて記憶を照らし合わせた。

   2017年11月7日(火)
    そうなのかー


 が付いているようでいない俺だ、何かと言えば、それはあのね(文字稼ぎ)。
先生が会う度におっしゃる、「大将、お体の調子はどうですか?」気遣ってくださる言葉だとは思うのだが不思議でした。
今日も言われたので、、考えてみれば以前の言葉が思い出される、「大将が元気だと私たちも頑張れる。」そうか頑張るぞ!

別の話、市場での買い物途中、よそ見して人とぶつかりそうになりよろけた、すれ違いざまに相手の舌打ちが聞こえた。
年末の市場は一般の買い物客が多くて俺的には困る。市場での歩き方にはコツのようなものがあり、慣れていないと通行の邪魔になる、そんな時俺は内心舌打ちだ、自分勝手だがね。

 その日は」俺の歩き方が変だったのか?なんとなく寝ぼけているような気もした。
後日、この話を女房にすると、「あんたも後2年で70歳、もう爺だよ。」そうか十分に "じじい" だな。
2つの出来事で納得。そうなのかー 近頃タイピングがおぼつかない、指先や文章作成共に。

  2017年11月2日(木)
    杞憂であれば・・・・


 問
題山積だ!店の雨漏りがひどいのです。築50年だからほかにも老朽化で傷んでいるところが多い。
店舗大家(弁護士管理)に、きつく修理を頼んだ。専属の業者が来て言うには瓦の葺き替え及び屋根そのものを作り替えなければ
ならない、大変だが仕方がない。至る所にガタが来ている、先々が心配だが・・・・

愚痴は言うまい、これまでに幾多の試練を大した努力もせずに乗り越えてきたのだから、これからもうまくいくはずだ。
心配してばかりしていても体に悪い、全てが杞憂であれば・・・・

この職業を始めたきっかけは自分でもよくわからない、なんとかうまく過ごせれたのは運のみか?雲野美香?変換ミス。
いつも思うことは、どなた様も同じかも知れないが毎日同じ作業の繰り返しによくも飽きないと我ながら思う。
しかし面白いのは毎日様々なお方と様々なお話ができる、耳から覚える体験も捨てたものではない。

結構な物知りになっている、ありがたい職業だと思わずにはいられない。


  2017年10月22日(日)
    結婚記念日


 10月20日は43回目の結婚記念日です、よくぞここまで持った。
お客様には話すつもりはなかったのだが、日にちが過ぎていたので
話してしまった。すぐにケーキの差し入れ、ありがとうございました。








1974昭和49年はドラゴンズ優勝、長嶋茂雄引退、は忘れません。他には何が??
出来事リンク 43年は長いか短いか?とりあえず金婚式までいこうかな、いけるかな。




  2017年10月18日(水)
    それほどでもないですよ。


 連のお客様がいつもおしゃっる。この店は夫婦で長年頑張っているから、どこかのテレビ局を読んで取材させたいとね。
そんなに大した事ではありませんとこたえます。ただ運よく長年続けていられるだけです、ホントそれほどでもないすよ。

それより凄いと思ったのは、ある居酒屋のご主人は御年85歳、3歳下の奥さん、その妹さん夫婦で営業されてるらしい。
女性お二人は病気や怪我でお店に出られず、今は男二人で美味しい料理とお酒を提供している。
酒店も営んでいるので昼間は配達とかに忙しく働いている、ビールや酒を階段で運ぶらしい、一度行ってみたいと思う、飲めないのに。

そのご主人立派ななご自宅をお持ちで、経済的にも働く必要もないのに孫の為とか言って一生懸命働いておられる。
全て、そのお店の大ファンであるお客様のお話です。見た訳ではないが凄い!  歳と言えば俺の17年後その時果たして??
 物忘れがひどい!・・・でも、いいかぁー嫌なこともすぐに忘れるから。

  2017年10月17日(火)
     難問


 構手間と時間かかるし頭も使う、面倒くさいと思うことも間々ある、好きで作っているホームページだからこれからも続けていきたい。
しかし問題がある、ホームページ作成のソフト(ホームページビルダー)に問題ありでリンクが破損してアップができない事がある。
長年続けているので殆どの問題は自力解決は出来るようになっている。頻繁に起きる不具合少し異常と思える、時間がかかってしまう。

俺のやる気は満々だが、いつホームページが突然壊れるか不安だ、愛着があるからね。
復旧できなくなったらどうしよう。年月も長い、確か始まりは2000年頃だ。
コンピュータの2000年問題で騒がれていたから覚えている。


  2017年10月10日(火)
     無題

 人生の区切り

古い友人が俺よりも長くつずけていた商売をやめた。まずはお疲れ様。順風満帆な人生を歩んできたようで尊敬する。
彼ら夫婦は絵に描いたような堅実な生き方をしてきて、70歳を迎えて、ひとまず区切りをつけるようだ。
俺は、羨ましい気もするが真似もできない。まだまだ商売を続けていかねばならないです。
それは辛い訳ではなく生き甲斐であるから。


上記はfacebookに投稿したものです。40年来の友人で、思うことは沢山あります。先日夕飯を共にして心境を聞きました。
自分のその時に重ね合わせるように聞きたかったからです。しかし彼の感想は「別に思うことはない…」
俺が見たところ新しい環境を喜んでいる様子もなく、何だか呆けているようにも見える。

気が抜けたのかも知れない、そりゃそうだ長い人生の最大の分岐点なのかも、仕事をやめて何をするのか、心中は察するに余りある。
俺にもいつかその時が来るのだ、だが今は考えないようにしよう、いつまでも続くと思い、人との接触を楽しみたい。
若いときには考えもしなかった、いろいろな現実が近づいてくる。

喜びの連鎖。。。誰かが俺を喜ばせてくれる、嬉しくて他の誰かを喜ばせる、その人が誰かを喜ばせる。
その先は見えないが、きっと続いていくことでしょう。


  2017年9月18日(月)
     悩みの種は


 風18号の影響で本日はお店を開けようか悩みました、お客様が来てくれるかと心配しながらも営業です。
有り難い事にお客様が数組ご来店で何とか売り上げがありました、前回の台風も同じでした、やってみるものだと思った次第です。
悪天候の中ご来店ありがとうございました、お帰り頂いたお客様誠に申し訳ございませんでした。

台風情報で危険だと判断して早じまいです。10時頃帰宅して自宅で夕食です、思わぬ浮いた時間、何に使う?
こんな日は食後に《オヤジの日記》を更新だとPCの前に座るも、なかなか考えが浮かばない。
思いつくがままに書くしかないな。

まずは悩みについて、何方も同じだとは思うのだが悩みの種について、先日来抱えていた、多くの悩みが何となく克服できたと平安な気持ちでいられた。それもつかの間で新たな悩みが現れる《禍福は糾える縄の如し》と言われていますが幸不幸そんなに順序よくはならないと俺はいつも思うのです。8割がた不幸、なんて言うと天罰が下る?そんな気分だけです、実際は真逆で幸せなのです。
生きてるだけでも、あり難いと思っているのに。気持ちの切り替えで何とでもなるのですがね。

 先
日20年以上前のお客様がお見えになりました。一頻り昔話をなされ、お互いの記憶力にそれぞれ感心しました。
驚いたことは、ご夫婦でお酒をたくさん飲まれました、食欲も旺盛でたくさん食され、お歳をお聞きしたところ80歳、奥様は少し下です。
当時、俺はそのお方と年齢が近いと思い込み、ため口をたたいていました、その失礼をお詫びしました。

今でも日本酒5号とビール3本は毎日欠かせないとの事、それでいて身体に異常なし、にわかに信じがたい事ですが。
その日の飲みっぷり、食べっぷりに納得です。それに比べてこの俺は54歳でアルコールを断っている弱虫!!
雨も風もやんだ2:15


  2017年9月4日(月)
     報われる


 のような横着者が何とかしてIT世界の片隅でうごめいている、持ち前の根気強さだけで会得した陳腐なスキルで、である。
それなりに努力してきた、この歳でそれが何になるのかと自問自答していた。先日メールチェックをしていると、予約の文字が目に入る。
また迷惑メールか??恐怖がよみがえる、考えてみればネットの世界ではこんな事ばかり、煩わしいって感じ。

念のために開いてみると丁寧な文章で 「寿司はし様 〇月〇日〇曜日の〇時〇分2名で予約をお願いします・・・・」と、ありました。
この時点でもう、疑っていましたが最後に携帯番号まで記してありました、念のためにその番号にかけてみると恐る恐る?女性の声、たぶん俺の携帯だから用心したのでしょう。お話をして予約の確認したのでその日を待ちました。

当日現れたカップルは芸能人かと思うほどの若い美男美女です。メールでは彼の誕生日プレゼントで二人ともカウンター席は初めてとの事、予算も記してあったので店のおすすめ、お任せを提案しましたところ快諾です。あいにく、カウンターは満席で両側を挟まれて落ち着かなかったかも知れません、他に女性客も数人いましたからそれが救いかな。彼氏はネタケースの魚を見て感動している様子。

おすすめのコース・トロ、ウニ、ヒラメ、イクラ、松茸・・・トロ鉄火と進みストップがかかるまでと、思いましたがかかりません。適当なところでいかがですか?とこちらがストップ、余計なお世話だったかも。ご予算の6~7割で納めましたが喜んでいただけたのでしょうか?
後で普通に計算してみる、とかなりお得です。17貫と1本、食の進み具合表情から喜んでいただけたものと思い込んでいます。

ネットを見てのご来店は多々ありますが印象に残る喜びの一日でした、お二人共、立ち居振舞い、メールの文章とても上品な感じを受けました。最後に彼女がカードで支払いました。スマホ利用での決済に、私をまじまじ見て 「大将のスマホですか?」と驚きの表情をする、俺はさり気なくドヤ顔ですがな。M・W様ありがとうございました。

こんな感じで喜びを与えられる、毎日を過ごせる、実に良い職業を選んだものだ、全てに感謝です。       悩みは筋力低下。
「明日死ぬと思って生きなさい。永遠に生きると思って学びなさい」ガンジーの言葉

  2017年8月20日(日)
     おおわらわ


 日続けているウオーキングを今夜はさぼりました。そうでもしなければ《オヤジの日記》が書けなかったのです。
先日来、スマホに迷惑メールが殺到して、その対策に追われたものの何とか無事解決、ホッとしたのもつかの間でした。
今度はPCのメインメールが攻撃対象になりました、こちらも何とかして自力解決、両方とも初経験です、何が起きるのかは分かりません。

話には聞いておりましたが、それは恐ろしい、パニックになります、頭の中が真っ白になりました。
今の俺にとってメールが使えないと仕事に差し支えるのです、ネットバンキングを通じてカード決済や振り込みに利用しているのです。
連絡や確認の為のメールが使えないという事は非常に困るのです、ほっておくわけにもいかず回復作業に悪戦苦闘。

メアド変更も考えたが、各方面へ連絡することは大変な作業で、老いの進んでいる俺にとっては気の遠くなるような作業です。
お盆の繁忙期と重なり ゛おおわらわ″の数日間を過ごしました。PCで便利な世の中を享受していますが、何をやっているのやら。
面倒なことも多くて考えものです、もっと頭が良ければどうってことはない、それだけの事。  本日はこれにて


  2017年7月30日(日)
     強迫観念??
  • 自分を傷つけてしまうかもしれないという恐れ
  • 他人を傷つけてしまうかもしれないと言う恐れ
  • 暴力的な、あるいは恐ろしい考えや場面が頭に浮かんで離れない
  • なにか恐ろしいこと(火事、強盗など)がおこると自分が知らぬ間にそういうことをしたのではないかと考える。
  • 尿や便に関する過剰な心配
  • 汚れやバイ菌に関する過剰な心配
  • 有害廃棄物や、放射能に関する過剰な心配
  • 洗剤に関する過剰な心配
  • 昆虫・動物に関する過剰な嫌悪
  • ねばねばするものを異常に気にする
  • 汚染されたものをまき散らして他の人を病気にするのではないかという恐れ
  • 大事なものを捨ててしまうのではないかという恐れ
  • 善悪や道徳に関する過剰な心配
  • 物の位置や対称性に関する異常なこだわり
  • 何でも知り、かつ覚えていなければならないと言う考え
  • 適切な言葉を使っていないのではないかという心配
  • 幸運な数、不吉な数に関する過剰ななこだわり
  • 病気に関する過度の心配
  • 体の一部や外見に関する異常な心配
 記は強迫観念について調べていて見つかったチェックリストです、気になったのでコピペしました。
幸い、俺には一つも当てはまらないからよかった。 なぜ強迫観念を調べるに至ったか、その訳は、この日記を更新出来ないことに焦りを感じていたからです、それを強迫観念と、思い違いをしていたようです、しかも長年にわたりですぞ、阿呆ですな、考えれば分かることです。

強迫観念についてはどうでもよくて、本当に言いたいことは辞書についてです。
先日、ネットの対談記事で池上彰が自分は調べ物をするときはネットを使わず、電子辞典を使うと言っていました。理由はネット検索をしていると、ついサーフィンをして時間を使うから電子辞書を愛用しているとの事、俺はそれを見て変に納得してしまいました。

長年愛用の電子辞書が古いので新しい単語に対応していない、だから変え時だと思っていたのです、ドンピシャのタイミング。
少ないお小遣いの中から最新のものを買いましたよ、一生ものと思いました。数日使いましたが、今回もかなりの時間を要しなんとも不便です、ネットのほうが早くて便利だと後悔しました、衝動買いです、これはそう使うこともなさそうです、がっかりした。

でも悪い事ばかりではない、また考えてみれば無駄とも思えるネットサーフィンも、今回のように思い違いを考えなおさせてくれる場合もある。あー くどい!!俺の人生こんな無駄な事の繰り返しなのだ。


今日は68回目の誕生日です。
お祝いの花束、贈り物、メッセージありがとうございます。
感謝です
  2017年7月16日(日)
     長い話を短く伝えることの難しさ


 性二人の会話に常連の彼女Yさんが割り込んで話しかけます、閉店間際の事ですから皆さんかなり酔っているご様子でした。
二人はそれぞれの身の上をされていました、その話は私は何度かに分けて聞いており、ある程度知っています。そこにYさんがよせばいいのに会話に参加します、(Yさん、いつもの癖)二人の女性はきわどい身の上話の途中です、入る雰囲気ではないと思われました。

案の定、Yさんは身の上話を逆質問されました。私は早く閉店したかったので「話せば長いですよー おそらく3時間はかかりますよ。」と冗談っぽく突っ込みを入れました。それをYさんは意地になったのか?5分足らずで息を切らして語り終えたのです、私は間髪入れず 
「はや!」。話の内容たるや、まくし立てるように話す、しかも内容を端折りすぎで相手に通じたかははかりません。

私は長いお付き合いですので、彼女Yの事はかなり深くまで存じ上げています、だから何となく 「よくできました」です。
酔客同士の会話を揶揄したいわけではありません。今回のテーマは「長い話を短く伝えることの難しさ」です、話の序章にすぎません。

それでは本題?に入ります。 寿司シャリの話にもっていきたかったのです。若い頃にお客様のお話です。伊豆のどこかのすし屋ではシャリはお米を使わずイイダコの卵を使っている、そんな話を真に受けていました。それをすべて話すとかなり長くなりそうですからやめておきます。その人も誰かに吹き込まれた話を信じていたのでしょう、そうでないとこの疑り深い私を信じ込ませることは出来ないはずです。

こうして有りもしない事が真実であるように広がるのかと独り合点して、また人に話せばデマになる。(この話は私だけが信じたのです)
話は変わりますが、歳のせいか忙しくもないのに時間がない、とにかく毎日問題が起き、解決しても新たな問題が表れての繰り返し、
嫌ではないけれど疲れる、体は元気なのに・・・まぁー 退屈でボケるよりは、ましかな。序章より本題が短い、変ですか。

  2017年7月1日(土)
      あっ!という間に前半終了


 成29年も半分が過ぎました、前半を総括すれば心配したけれど全てが緩やかに過せしました、お店の業績も上々でした。
オヤジの健康面も何かと問題がありましたが回復に向かっています、案じていたよりも全てうまくいき、周りの人に感謝です。 
夫婦円満です、無駄な喧嘩も少なくなり穏やかな毎日です(ここまでの道のりは長かった)これは老いのため気力が失せたせいかも。

何よりも嬉しく思うことは、お客様とのお話が深いところまで進みますので何だか気持ちの良い事です、何かのコラムか記事で読んだことですが心がけている事があります。 [会話は8対2で相手8をと心がけ、いや!しかし!ですが!など否定的なことを言わない。] これはほんの一部分ですが、これだけで会話がはずみます、お客様が喜んでくれることが私の喜びです、何をいまさらですが。

歳をとるという事は悪い事ばかりではない、と、つくづく思う今日この頃、何かといえば周りに年長者が少なくなり、気のせいか引き立てられることが多い。それに調子に乗り、暴言まがいの事を吐く、私は馬鹿ではないので途中で気が付き止まるので事なきを得ている。
何だか気持ちの良い事です、オッと文中に同じ言葉を使ってしまった。

平成29年後半も上手くいきますように、なんて自己中な望みなのでしょう、マァー 何時もの事ですから許されるでしょう。
それにしても自身の展望スパンが短くなった、5年先、10年先が考えられない、もしかしたら半年単位かも、明日をも知れぬ。
「明日死ぬと思って生きなさい。永遠に生きると思って学びなさい」ガンジーの言葉・・・時々思い出す好きな言葉です。

自分のブログを読み返してみると気が付く。余りにも表現が抽象的すぎる、言葉を端折りすぎ手抜きが多い、と思う・・・・・・


 2017年6月16日(金)
      バカやった方が上手くいく、てこと!


 日あるスナックでの事です、カラオケチケットをめぐってのお話、まず客Tが監視役ホステスA子の目を盗み(トイレ中)回収済みチケット10枚位を自分のボトルにくくる。Tがトイレに行く、A子がTのチケットを盗る、それを見ていた客CがTのを盗る、私共はそのやり取りが面白くて大笑い、もちろん気付かれないようにです。

そのうち、客Dも参加して大盛り上がり、ママは気付かないのか歌ったり、踊ったり、皆さん気が置けない長年の飲み仲間ですからね。
おふざけです。私は思いました、世の中の仕組みに似ているような、だましたり騙されたりして、法を犯さないように、、、
国会も、と、一人思う・・・そんな気がする。くそまじめに生きる事より、バカやった方が上手くいく、てこと?!もちろん゛も″有る、です。

話を戻せば、酒も飲まずにその場に参加した自分も凄いと思う、久しぶりに大笑いした、こんなこともたまには必要かな。
毎週々々営業を兼ねてのスナックや居酒屋巡りは正直なところ辛くてストレスを感じていた、ところが知らぬ間にアルコール抜きでも楽しむことが出来るようになっていた、それには10年以上掛かりましたがね。



 アニサキス問題
最近、マスコミやネットを賑わせているアニキ(アニサキス)問題、自分には関係ないと思っていたのですが、5月の売り上げが落ち込んだので内容を分析してみると、常連さんはやや間隔が開いているようです、来店されても口には出されないのですが問題のイカやサバを避けているような気がします。ネット検索をすると寿司屋や、魚屋が悲鳴を投稿しています、マスコミが結構煽っていますからね。

一頃は牛肉BSE問題で焼肉店が泣いていました、次は我々の番かと薄々感じていたのですが、大丈夫だと己に言い聞かせていました。
昨日、来店の同業の若者が私に聞いてきました「大将最近忙しいですか?」彼曰く(彼は錦の寿司屋に勤めています)勤め先のお店で異変が起きている、予約の団体客が刺身や、すしを注文しない!不審に思い近所の店々に訊いてみると同じ悩みを持っているとの事。

今年の初めに起きたアニサキス問題、は沈静化していると思いきや《人の噂も七十五日》、またテレビで騒ぎ出した。
嵐の過ぎるのをじっと待つ、それしか方法がない41年間様々な困難を乗り越えてこられたから、何とかなるでしょう。
柳橋市場も、こころなしか、寂しい。

 2017年5月30日(火)
       30年来の悩み解消か?


 生治らないかとあきらめていた体の悩みがふとしたきっかけで治った、まだ2週間位だから分からないがとりあえず収まっている。何のことか、それは足の攣りの事です。いつからか、覚えているのは私がゴルフを始めた時からです、36歳の年男だったから忘れない。
当時、皆とゴルフをしていると若いのに私だけ毎回プレー中に足がつって、大変な思いをしました。(こむら返りです)

のたうち回ったり歩けなくなったりと、皆に迷惑をかけていました。仕事柄、立ち仕事、夜型生活、睡眠不足のせいなどと諦めていました。ゴルフをやめれば痛みから解放されると思いきや、その後も今日に至るまで、こむら返りや足の他の部分もつっていたのです。
就寝中に襲われるとどんなに眠くても立ち上がらなければ痛みは収まりません、眠ることが恐怖です。

これは体質の問題か、どこか心臓でも悪いのかと心配ですが普段の生活、健康診断では問題ありません。
病気にはたまにかかるので、その都度医者に足の攣りの事を相談しますが良い解決策は聞かれませんでした。
ふと思い立ってネットで調たところ、この製品に出会いました、単にくるぶしからひざ上までゆるく覆うサポーターです。

要するにフクラハギの冷えから、こむら返りが起きるらしいのです、あまり長々と書くと宣伝のようですからやめます。
とにかく30年来の悩みが消えました、ネットでくまなく検索したつもりが見落としていたのか分からない、効果に驚いている。
信じられませんが、これが続くように願うばかりです。思えばゴルフが上達しなかったのはこのせいだったのか!!納得



最近読書をする余裕がないので眠るとき朗読を聞きます。
源氏物語(桐壷)を聞いたのですが、よく分からないながら美しい話や言葉に聞き入りました。
羅生門など著作権切れのを聞いております、結構面白い。

 2017年5月18日(木)
       痛みから解放された


 薬が功を奏して痛みが消えました、数ヶ月続いた筋痛症がここ二週間ほど収まっているのですが治療はこれからも続く。
とりあえず、いい大人が泣けるほどの痛みは消えたから有り難いです、これまでの痛みはもう味わいたくない。
思うように何もできない生活から少しでも脱却したい、大したことではないが結構多くの用事が残っているのです。

机、PC周りが散らかって大変なことになっている、頭の中も乱雑だから少しずつ整理しなければならぬ。
歳のせいにばかりして思考停止状態、これはいかん!馬鹿になる、もとより馬鹿?認めるもさらなる馬鹿にならぬように頑張りたい。

《ナメコの軍艦》‟寿司はし”の名物でした、結構人気のメニューでした、瓶詰の既製品でしたが「金印わさび」から販売され、京都の老舗料亭の味付けとの触れ込みで当店も数十年使用していました、突然の廃版でメニューから消えました、他メーカーではだめでしたから。
お客様から復活の要望が続きましたが無理だとあきらめていました、「京都の老舗料亭の味付け」の部分がひっかかっていたのです。

ふと思いたって自分で作れないかと生のナメコを仕入れて味を再現しました、それは10年も前の味です、再現できるかなと不安でした。
試行錯誤を繰り返したのです。女将と何度か味見したらいける!まだお客様には提供していませんが明日からお勧めしたいです。
実は病気のせいなのか2か月ほど味覚障害になっていたのです、幸い回復しましたが、料理人にとって重大問題でした。

このタイミングでの味付けナメコの再現です。
動機はアニサキス問題かもしれません、5月の客足が鈍っているいることを考えてみると思い当たります。
ネタの出具合を見ていると生魚を敬遠されているようにも感じるのです。単に私共の経営努力不足かもしれません。

少しでも急場をしのぐため、新ネタを考えたからナメコを思い出したかも知れません、序にメネギの握りも追加しました。ジタバタ


 2017年5月2日(火)
          我慢とは


 食に出されたサバの煮付けが不味かった、数日前ネットで見つけたレシピにカルシュウムを補う料理法が載っていた。
圧力鍋を使用するのだ、女房は体に良さそうなことはすぐに実行する。私は正直にまずかったと告げた。女房は「まだ沢山残っているから我慢して食べてね。」思わず出た言葉「オイオイ、まだ我慢するのか?」俺は今まで結構、多くの事で我慢はしてきたつもり、と、呟く。

そろそろ限界とは言わないが、少しは我ままを言っていい年ごろになったので、ここに書き綴っておきます。《これは全て自分の為に我慢してきたことです。》初めに、サバの煮付けの失敗作を二度ほど我慢して食べた(レシピが間違っていた、女房は結構料理が上手い)。
痛みには弱いのに毎日筋肉痛に耐えて我慢、(緩やかに回復している)薬は大嫌いなのに毎日大量に飲まなければならぬ辛さ。

次に酒、煙草をやめ、ゴルフもやめギャンブルも我慢、お客様は何が楽しみで生きているのかと仰る、確かにその通り、でも大丈夫です。
話は少しそれますが時々お客様の無遠慮な言葉に傷つくことがあります、あくまで受け身なのです。思えば若い頃にも結構強烈に言われ言い返すことができず、しゃがんで涙をぬぐったこともありました、しかし我慢したことで今があるのです。

それよりも、それを上回る労り、励ましのお言葉が多く頂き泣ける。近年感じることは私ども夫婦が年寄りのせいか皆さん優しく接してくださいます。有り難く感じております。今日ご来店のご家族が帰り際に言いました「ご馳走様、おいしかったです。たまにしか来れないですが、いつまでもお店を続けてていてくださいね、本当に励まされます。」励ましたつもりはないのですが、何でしょうかね。

そう言われますと、とても幸せな気持ちになります、前出の話よりもこちらのほうが断然多くて不思議でございます。
多分思うに、同じ場所で何十年も老夫婦が営んでいる姿を微笑ましく感じて下さっているのでしょう。
「いつまでお店をやるの?」と、問われ「いけるところまで」「体が続くまで、お客さんがもういいと言うまで。」こんな会話が増えました。

「励みになります。」「ずっと続けてください。」こんなお話をお聞くと私共も少しは他人様のお役に立っているのかと嬉しく思います。
こんなに謙虚なオヤジも年を取ったせいか近頃、嫌なお客さんに暴言を吐いたりします、自然に出ちゃいます、年のせいかな。
年だから許されると勝手に思いながら、時々切れます。「それはないでしょう!」と、聞こえてきそうです。

 2017年4月19日(水)
          とにかく書いてみよう


 い間、何故か書けずにいるこのブログ、気にはしているがPCの前に座ると指が動かない、考えがまとまらないのです。
それれは歳のせいなのか?薬(ステロイド剤)のせいなのかはよくわからない、最近ぼーっとしていることが多いい、何かを始めても続かない、根気がない、いけないとは思うのですが心身ともにコントロールが満足にできないもどかしい毎日です。

季節が変わればなんとかなると期待をしているのですがどうかな?タイトル《とにかく書いてみよう》としたように書き始めたのです。
案の定、短い文章でさえ間違えタイピングを何度もやり直している、時間がかかってしょうがない、下書きでさえ進まない。
元々文章作成能力の乏しい私ですから、陳腐な文章分かってますが尚更我ながらチンプンカンプンで嫌になります。

自虐的になるのは嫌ですから短めにもう少し書きます。また普通の日常になりますように、願いを込めて。
こんな時期もあったんだ~、と後から思えるようになればいいな、我が人生そんな感じで来られたからこれからも、(甘い?)
思い返せば私の人生、運の良さで生きてこられたような気がする、少し付け加えると、そりゃあ少しは努力もしました。

ここまで書くのには大変でした、スポーツの世界は日本人選手が頑張っていますね、力になります。
歌の文句じゃないけれど「運がいいとか悪いとか人は時々口にするけど」現在生きているという事は超、運がいいてことか。
「明日死ぬと思って生きなさい。永遠に生きると思って学びなさい」ガンジーの言葉・・・時々思い出す好きな言葉です。
本当に変な文章だ。



 2017年4月10日(月)
         ブログイップス???


 単なるサボリ
いかんいかん。
 2017年3月23日(木)
          ノスタルジア


 は就寝前にタブレットを使用します、寝床で上向きに寝たまま使用できるようにセッティングしてあります。有料アプリ《Hulu》で映画を見たり、ドラマや海外のテレビを見たりするのですが、面白いコンテンツを見つけると大変です、夢中になりすぎて睡眠不足になるのです。若い頃流行った歌手の歌を聴いたりしながら眠りに入るのです、ながら族の典型です。

二カ月ほど前にネットで調べ物をしていてふと思いつきました、自分の少年時代(昭和30年~40年)の事を調べました。
当時の街並み、交通、電化製品、生活様式などが《YouTube》等で見ることができます。ノスタルジックな気分に浸っていると偶然にも
はすぴー倶楽部》(昭和の思い出)なるブログに出会いました、何故か魅入られたのです。

作者は私より10歳くらい下かと思われますが、文章の言い回しが面白く、夢中になりました。また投稿者も当時を補足してより詳しく知ることができます、その内容が私の記憶と違わないことに驚きます、特に思い出すことは、当時はやった花火の火薬を使った危険な遊びが掲載されています。私の記憶と一致する内容に驚きました。

ブログの作者は関東方面、私は愛知県名古屋市、こんなかけ離れた地域に住む者どうしがなぜ同じような遊びができたのか不思議です、現在のようにPCやスマホなどの情報手段はない時代です。少年雑誌から情報を得ていたのでしょうか、口伝えでは無理かな?
続く( ^ω^)・・・

2017年3月26日3:53続き・・・
《寿司はし》は、まるで花粉症患者の集会場のようです、ご来店の方が全てが異口同音です。私は長年花粉症を否定してきましたが、
近年、認めざるを得なくなってきました、ここにはその症状は書きませんが、こんなにも辛いとは思いませんでした、我女房を始め多くの方々を否定してきたことを、謹んでお詫び申し上げます。



 2017年3月12日(日)
          便利グッズ発見


 通の方にはお分かりいただけないでしょうが、私のような料理人には良い調理道具が必要なのです。今まで使用していた、まな板は材質なのか黒いあくが浮かんで、見栄えが良くなくて気になって仕方がなっかた、ふと思いつき、製材会社に勤めるお客様の愛ちゃんに何気なく相談、会社には材木が沢山あるから、まな板にできる木はないかとダメ元でお願いしました。

それがなんと、有りますと嬉しい返事をいただきました。数日後サイズを測って、あくる日に製材して持ってきてくれたのです、正目の檜です、節が一つもない香りも良い最高級品です、私の板前歴で最高のものを手に入れたのです、何だか神聖な気持ちになります、料理をするのが楽しくなります、その白いまな板を見ていたら隣に置いてあるプラスチック製のまな板が薄汚れてバランスが合いません。

取り替えるべく早速、ネットで業務用を探しました、ついでに包丁の砥石も買い求めます、現在使用中のいびつにすり減った砥石で研いだ包丁の切れ味はよくありません、その為、砥石はコンクリート床でこすりつけて平らにします、これは時間も労力もかかります、若い頃は苦も無くこなせましたが、今では横着しています、そんな事ではいい切れ味がでるわけありません、歳を取るとだらしなくなります。

昔は砥石を研ぐために閉店後、深夜女房に車を運転させて後部スライドドアを開け、私が身を乗り出して地面のアスファルト舗装に砥石を押し付けて補正したものです。近々それをしなければと思っていたのです、ずいぶん危険なことですね。それとは別に私はやった事はないのですが先輩達に聞いた話で、昔は、砥石をひもで縛り自転車で引きづりまわして平らにしたそうです、どうも嘘っぽい話ですな。

ネットで砥石を探していると、砥石を研ぐ砥石(セラミック製)780円を見つけ、どうかと思いつつ注文、あくる日に届きました。プラスチック製のまな板を取り換えると、板場(調理場)の中が見違えるように明るくなり、気分は最高です、はやく仕事がしたい!でもお客様が来ない、こんなものなのです。この時間を使わない手はない、とばかりに包丁の手入れを始めます、その前に砥石を研ぐ事にした。

今までの経験上、値段からしても期待はしないで始めます、ゴリゴリ音を立て擦ります、5分ほど続け裏返してみると予想以上の結果に驚き、さらに10分、続けると見事真っ平、同じく裏側も完成、そんなに力はいりません、包丁研ぎを始めます、平らな砥石で研いだ包丁の切れ味は抜群です、調理をしたい、でもお客様が来ない、そんな日もあるさ。

それはさておき、今までの苦労は何だったのか「便利グッズ発見」俺の青春返せー これを書いているころには良い仕事ができたことをご報告します、良い仕事ができています。これも一つの生産性向上かな、道具一つの事で私の仕事が楽になった。職場改善のきっかけを作ってくれた愛ちゃんに感謝 「このまな板は来るべきして大将のもとに来た、以前から目をつけてあった、10年前から確保してあったから、いつか必要になると確信していた」(愛ちゃん談)      愛ちゃんありがとうございます。

 2017年2月27日(月)
 燃え尽き症候群


 月2月は毎年の事ですが多忙を極めます、お正月の営業は昔ほどではないのですが気持的に忙しい思いをします。
何故か今年は多くの問題が発生して何かと大変でした、対処するその合間に他の問題が沢山発生しました。
その一部の確定申告は済ませましたが、マイナンバー制度の手続きLtaxの導入に関して煩雑な手続きに辟易、何とかクリア。

次は店用のお手拭きの作成です、材料の晒(さらし)は近くの老舗デパート清水家が閉店したためネットで購入しました(結構面倒)
それを自分でミシン掛けするのです、この作業は数年に一度行うのですが歳のせいかミシンの操作法も忘れています、取説をみたりして時間ばかり浪費、遅々として進まない作業にへとへと、視力の衰えもあって針に糸を通すのに難儀をしました。

おまけにパソコンやスマホが不調になり四苦八苦、どちらも仕事に必要なので回復作業に追われました。
私にとっては気の遠くなるような問題が山積していました、性格的に先延ばしにすることは出来ません、寝食を忘れ一気に片付けようと体調不良のなか頑張りました、その甲斐あって気が付けば全て問題解決!呆気にとられるほどです。

「燃え尽き症候群」なんでしょうかね、気が抜けたような今日この頃です、人間は何方も軽い躁鬱を繰り返します、私はその前触れを感じて気分の変化は気にしないようにしていますが、今回は鬱状態が長いような気がします。気分転換が必要だと思うのですが‥‥
さて何をしようかな、いらぬ事をすればまた問題発生?当分心身ともに安静を心がけます。


 2017年2月20日(月)
 開店記念日


 に過ぎましたが2月13日に「寿司はし」は開店42年目に突入しました、大勢の方に助けられここまで来られたことに感謝とお礼を述べたいと思います。それと同時にまだまだこれから図々しくもお世話になるつもりです。まずは50年を目指しますのでご負担ご迷惑をお掛けいたします、お嫌でしょうが宜しくお願いするしかありません。

てなわけでいつもの調子でこの《親父の日記》はボケない限り続けるつもりですからお付き合い願います。
昨年来から今日にかけて私を含めた周りでは健康を害した方が大勢います、本人の病気入院(リュウマチ性多発筋痛症)に始まり
開店来ご贔屓の老夫婦、奥様の(大腸がん)直後ご主人(心臓手術)、ある社長(インフルエンザの重症化)、別の社長(気胸)、焼肉店のご主人(尿路結石)、他にも何かと病気がちになりご来店いただけない状態が時を同じくして続いたのです。

嫌われたのかと少し不安な気持ちでいましたが、幸いな事(言い方は変です)に皆さん元気に回復されてご来店いただきました。
一安心です、長年店を続けていると、この様なことは付き物です。が、今回は異常でした、お客様の無事が私共の無事なのですから願ったり祈ったりして50周年の区切り迄頑張るつもりです。

 2017年2月6日(月)
 自慢話ではありません


 日あるお客様が呟いた一言に嬉しくなりました、「ここはカイワレの握り発祥のすし屋だよね。」そうなんです―
正確に言えば、そうかも知れませんです。40年ほど前に《寿司はし開店後》思い付きでカイワレ大根を生で握ってみました、それまでは煮浸しにしたりボイルしたりして握りで提供していました、生の発想はなかった時代少し悪戯心を出しました。

皆さん、その辛さと初めての食感に戸惑いましたが、やがてはまっていきました私が考案者だと言っても誰も信じてくれません。
またそれを自慢するほどの事でもないし、忘れていました。今日のお客様の一言に、誰かが記憶していていてくれる、嬉しいな~
さて、その後爆発的なカイワレブームが起きました、最後の締めにカイワレ、お土産にカイワレ一人折、不思議な現象でした。

ある年のお正月、アルバイトを入れて忙しさを乗り切ろうとしたのですがそのバイトは一日中カイワレを洗うことで終わりました。
その訳は当時のカイワレは現在と同じ水耕栽培でしたが下地が砂であったため丁寧に洗わないと砂を噛んでしまいます、現在はスポンジなので洗うことは簡単です。

ブームはしばらく続き定番となりましたが、やがて皆が真似をしだしてスナックバーや居酒屋で当たり前のように見かけることになり、当店が発祥という事も忘れ去られます。20数年前あの事件が起きて下火になりました、病原性大腸菌O157です、私個人的には牛肉が原因だと思っていましたがどうやら弱小のカイワレ業者が泣きを見たと今でも思っています。

誰かが何かを記憶していてくれる、長く店をやっているとお客様にも思い出があります、その記憶の中に当店がある、
なめこの軍艦巻しかり。
それがどうした!ってお話でした。

 2017年1月31日(火)
 時の流れを早く感じるか、遅く感じるか


 どの人は月日の流れが速いと言って嘆く、この私もそうだ。子供のころ、特に二十歳までが長く感じられたと記憶している。
早く大人になりたいという願望があったからからかな?雑誌か何かのコラムで読んだのだが時の感じ方は分数と同じで1歳は一年1/1で2歳で分母が1/2と上がり、分母が年齢の上昇とともに増える、現在の私は67歳だから1歳児の1/67の速さで時を感じていることになる。

あながち否定もできない。ほかの人も似た考えをお持ちですかな、時々すごく若い方が一年の短さを嘆いているのを聞くと??となる。私は2017年1月が非常に長く感じられた、いつ以来の事かよくよく考えたら待ち遠しい事があるからだと気が付いた、子供のころの遠足のように、若い頃彼女とのデートの日を待つように、今の私には楽しみがある、古女房との温泉旅行だ。

私の運転を本気で怖がり、渋るのを説き伏せての強行です、二人っきりは新婚旅行依頼43年ぶりです、その時は車中で喧嘩ばかりして、いい思い出はありません、それを挽回したい気もある。ご多聞にもれず私も高齢運転手です、長距離運転はこれからそうは出来ない気がする、今のうちだと思う。現在私は軽い病気にかかっていますが、気候が暖かく成る頃には体力も戻ってくるでしょう。

今でも自信はありますがね、日にちは未定ですが待ち遠しいのです。そんなわけでこの頃の時の流れのスピードが遅く感じているのかと考察してみました。ある人に勧められた城崎温泉を目指しています。4時間ほどのドライブですがゆっくり行けば何とななるでしょう。
照れくさい話ですが、結婚して43年お互いに苦労してここまで来れました、何とか無事に喧嘩もせず行ってこられたらと思うのです。

私が相当に我慢すれば可能でしょう。


 2017年1月26日(木)
 充実の連休


 別になにかをしたわけではない、病院へ行って検査結果を聞き、順調に回復していることを知る、肺のX線検査も異常なし,炎症度を測るCRPも0.6の値だ、胃カメラでピロリ菌と逆流性食道炎が見つかり治療が必要との事、ステロイド治療は長期戦になる模様、大した事ではない。あの痛みに比べれば、むしろ安心感さえ覚える。

確定申告の準備、棚卸しも完了してやれやれです。水曜日には、1年前に購入したスマホ、その時、抱き合わせ販売のように買わされた機器は無料だが通信料が半端ではない、それの解約とプランの見直しで違約金はとられるNTTドコモはあくどい!己の無知を棚に上げて言うのも変ですが、こんな年寄りに分からないように物を買わせる、たぶん私のような被害者意識を持った者は多いいと思われる。

取り締まるほどの事もない微妙なセールスだ、解約時期が来たからかなり通信料も減らせるのでほっとした気分です、女房には思いっきり矛盾点を攻められましたが耐えるしかありません。それでも、うまく時間をやりくりして用事がすべて片付く事は気持ちがいい。
夜はお客さんのお店を回り、2日間の連休を隙間なく時間を使い切って変に納得して。

これも体調が良いせいです、有り難い事です少しでも幸せを感じなくてはいけない。
片づけても切りがないほど用事は増えます、充実の日々と言えるのでしょう。


 2017年1月16日(月)
 丁度よい
 

 全て身の回りに起きていることが丁度良いと思えて仕方がない、高望みをしなかったからか高額所得者にならなかったし超貧乏になならなかったが、先はまだわからん。よき家族に恵まれ、お客様は最高、己は頭脳的にも良くもなし悪くもなし?
などと勝手に思っている。

長く働き続ければ病気をして休めとブレーキがかかる、怠け心も起きない、何時も幸福感を感じている、やりたいことはほとんどやっている。何事もアベレージの域は出ない、何をやってもこれで丁度いいのかも、何一つ極めることができない、いや!一つありました寿司職人としての技量、これとて自己満足かもしれないな、これには自信を持たないとお客様に失礼になる。

謙虚そうに仕事をしているが自信は揺るがないのです。その部分に土足で入ってくる人もたまにいますが、それも良い刺激ととらえ、耐えることはたやすい、その人の心の奥がわかるからです。私も少しは人間ができてきたのか?50年以上同じことを続けていれば馬鹿でも何かをつかむ、正にありがたい事です。友人は多いいほど良いと言いますが私には2~3人しかいません彼らとも忙しさにかまけ深いお付き合いはしていません、相手も分かってくれていると思う。

本当の友人はお客様かもしれません、本当に心を開いてそこまで言わなくても思われるほどの話をしてくれます、こんなに信頼してもらえることは嬉しいですが何と表現すればよいのでしょう‟すしや冥利”ですかね。
それにしても風邪が治らん、聞けば身内やお客様も同じ症状をうったえる人が多いです。

 2017年1月12日(木)
 今年もよろしくお願いします。


 私事ですが年末年始体調を崩しました、何とか乗り切りましたのは自身の気力だったと思います、体力はギリギリの状態でした、
それを皆様の励ましにどれほど励まされたことでしょう、身に染みて実に幸せ者です。

今日は風邪が長引いているのでかかりつけの医院に行きました、そこでいつもは短い会話で終わるのですが珍しく30分ほど話し込みました女房もついてきたのです。面白い事に気が付きました「大橋さんの病気は安静が大事です、今のステロイド治療は免疫が落ちているので外出や人前に出ることは避けたほうが良い、お店も休みなさい」ですって、方や今の主治医は投薬治療を続け職場復帰を促してくれました、加藤庸子先生の意向もあるのかましれません、それには助けられました。

安静とは一言も言いませんでした。その話を前出の主治医に話しますと、「病院は年末年始は患者を早く退院させたごる傾向にあります。」なんて言われるのですが私が入院したのは12月4日から6日間です、話が合いません。ライバル心ですかね?同じ医師なのに言われることが真逆です、患者としてはどちらの話を聞いたらよいのやら分かりません。

この話はおしまいにして今年の個人的な考えを少し述べたいと思います。どんなときにも弱気にならないように無謀とも思える気持ちで頑張っていこうと常々思っています。自惚れでなければまだ寿司はしを必要として下さる皆様方が大勢いいらっしゃる、それだけで勇気が湧いてきます、徐々に体力を整え期待に応える所存です。

他には、話は大きくそれますが世の中少しは、良い方向に進むような気がしてなりません。2016年が後に振り返ったとき大きな転換期だったと言われるかもしれません、それほど世界に変化が起きた年です。私ごときがいう事ではないのでしょうがそれほどの2016年であったと思います。アメリカのトランプ大統領など不安材料はたくさんあります、それらを乗り越えていく力は日本人にはあると信じて希望を絶やさずに行きたい。

 2016年後半

オヤジの日記 《旧ページ 》
+
     2016年12月23日(金)
         昨日の出来事
 


 夜、加藤先生のスタッフが当店で私の退院祝いに駆けつけてくださいました。
忘年会も兼ねていたようですが、大感謝です!!あったかい心ありがとうございます。決まりの記念撮影、写真好きの先生のタブレット端末には一体何枚の写真が保存されているのでしょうか。

今日はテレビ東京の取材もありました今回は寿司はし映るかな?




                              





 やってしまった!!
 水曜日、行きつけカラオケスナックの駐車場でバックから入庫中の事、バックモニターにばかり気を取られ車止めに当たるまでは大丈夫と思い込んだのが大間違い。
 
 1メートル手前でゴツンと鈍い音と同時にガラスがザラザラと落ちる、上部が階段の  踊り場角に当たったのです、後かたずけに30分以上費やした。写真はゴミ袋と
 ガムテープで応急処置、時々よその車で見かける光景、笑っていました、それが我身 に起きようとはトホホです、細心の注意を払っていたのに、コンビニでなくてよかった。

 デイラーで修理を依頼したところ1日で完了との事一安心、ガラスが落ちるときの衝撃 で窓枠とバンパーが破損、結局ドア交換年末の多忙季になんてこった、色々あります
 まぁ、こんな事は小事か??







         2016年12月20日(火)
           ありがとうございます。
  

 とか職場復帰できました、一時はどうなることやらと思いましたが15日木曜日~19日月曜日までとりあえず営業できました。
今日は来週の連休を振り替えての臨時休業です、22日木曜日から来年正月3日まで無休で頑張ります。
退院してから大勢の人に励まし、ねぎらいの言葉、をいただきつくづく私共は幸せ者だと感謝をします。

我女房から始まり家族親戚に至るまで迷惑を掛けました、体調について少し述べておきます、毎日朝起きた時、状態が違います、まず両手を開いて握って力の入り具合をみます、状況は日替わりです、ステロイド治療で様子を見るのですが仕事柄指先の力が問題です。
他の部分(筋肉痛)は毎日快方に向かっているような気がします、まだ先の長い人生、焦らず頑張りすぎずに行きます。

皆さんに「もうやめな!」と、言われるまで強欲(謙虚の間違い)に行きます、皆様の健康と無事を願いながら己の事もついでにです。
人生何が起きるかは誰にもわかりませんがポジティブ思考しかありません、今日までそうして生きてきましたがそれしかないでしょう。
年末年始の多忙季を何とかやり過ごせたら良いなと思います。年明けに暇を見つけて女房と二人で温泉にでも行こうと計画中です。

肝心の女房は私の運転を怖がります、それでも車で行きたいから少しバトルがありそうで困っています、結構頑固者なんですよ。
何とか説き伏せて行くつもりです、もう長距離運転ができるのは数年しかありません、今なら自信はありますから体調次第です。
ここに旅日記など書けたらいいなと、そればかり考えます。


      2016年12月13日(火)
          おかげさまで営業再開


 く先の読めない状態の中、15日木曜日に店が営業ができそうで一安心、色々な方にご心配、ご迷惑をおかけしました。
転んでもただは起きぬ性格の私は今回もなにがしの収穫を得て起き上がりました、自身の高齢化に伴い身体中にガタが来ておりその中でも脳内関係は大丈夫か?気にはなっておりました、入院に際してかねてから懇意にしていただいている加藤庸子先生に相談したところ即断で入院手続きをしていただきました。

驚いたことに病室は脳神経外科です、主治医は呼吸器内科の同姓で加藤様です。若くて腕の立つ加藤庸子先生の一押しです。
痛みに耐えかねての緊急入院で、何の病気かは皆目見当はつきませんでした、消去法で体中を調べました。
CT、MRI、レントゲン、心臓エコー検査、血液検査などを詳しく調べていただきました、本当の病名は《リウマチ性多発筋痛症

(リンクを張っておきます)と言うらしい、これは長い付き合いになるかもしれない。それでもとにかく普通の生活に戻れることがうれしいスーパードクター加藤庸子が脳内を検査してくださり、今のところは問題なさそうです。痴ほう、脳こうそく、アルツハイマー、すべて質問しました。一つ動脈瘤が見つかりましたが場所が今のところ問題はなさそうです。

私が怪訝そうな顔をしていると「私がバックアップするから心配しないで。」と、おっしゃってってくれました、自分の頭部CT、やMRI写真を見るのは怖いです。良い方々に恵まれまだまだ頑張れそうです。あらゆる嗜好品、趣味を奪われたような気もしますが贅沢は言っておれまん、修行だと思っていきます、周りはブレーキを掛けてくれますが(孫まで)アクセルを踏みがちな私でも流石に身がもちません。
洒落にはなりませんがアクセルとブレーキを踏み間違えそうです。

ゆっくり楽しみながらの人生の途中です、恵まれたことに職業柄大勢の方と良い会話ができることは心の糧になります。
痛みが出ませんように、これには弱い!何方ともに笑顔で接したいから書きたい事がもっとあったはずなのに、感謝の気持ちが足らない、書けない!
友達、身内、お客様、言葉が見つからないこんな事もあるのですね、、思いついたらいずれまた…

      2016年12月2日(金)
          しかめっ面


 かめっ面ってよくないですよね、みているだけでも誰だって嫌な気分になりますよね。私はいつも心がけています、いつも少しでも微笑んでいようと。さすがにこの私でも体調不良型が続くと知らぬ間にしかめっ面になってしまいます、仕事中に微笑んでいるのか?気になっていました、自宅に帰り少し痛みがあるときに鏡を見ましたその形相に我ながら唖然としました、鬼の形相ではありませんか!

職業柄絶対NGです。反省を込めて?少し言い訳します。2週間ほど続く体調不良のため時々こんな表情をしていたのでしょう。
改めなくてはなりません、しかし自分の意志では何ともなりません、心の悩みならもう少しどうにかできるのでしょう痛みはコントロールできません、お気を悪くなされた方には心よりお詫び申し上げます。

体調不良について少し述べておきます、2週間ほど続く全身におきる筋肉痛そして力が入らなくなる、鎮痛剤、ロキソニンを飲めばその間は普通に仕事も生活もできます。余りにも続く痛みに耐えきれず先日の水曜日にかかりつけの医院に行きました。
そのことを相談したところ、よくはわからないので採血をして帰りました。ネットでいろいろ調べましたが当てはまる病気はありません。

翌日、先生から3度も電話があり何処かに炎症があるので大きな病院での検査を進められました、何科にいけばよいのか先生にもわからないそうです。とりあえず紹介状を書いてもらいに今日金曜日に行くつもりでいました。念のため加藤庸子先生に電話をしました、今日は出張なので月曜日に手配してくださるとの事、3ッ日間の先延ばし少し心配はありますが2週間も耐えてきたのだから。

金曜日は検査のため臨時休業も覚悟しました、そうしたら予約注文が入り、良かったのか悪かったのか、何が何やらわかりません。
疲れましたからこれにて。何事もなければことの顛末は元気になってから。

         2016年11月22日(火)
          このことは誰にも言わないでください。


 ずは@nifutyホムーむページーの転送仕様が変わりまして、乗り換えるに大変な作業となりました、節約家の私は無料のLacoocannラクカーンミニを申し込みましたディスク使用可能量2Gしかありません、すぐに上位機能に切りかることになるのでは、それは良しとしてアクセスカウンタが使用できないのが残念でなりません、お楽しみいただいていたお客さまには何か他のサービスを考えます。

この様な事態に納得がいかないので@niftyプロバイダに電話して何とかページカウンタを付けることはできないかと言い寄りましたが言われました、「当プロバイダホームページサービスは全てカウンタを廃止いたしました。どうしてもという方にはご自分でHTMLソースでプログラミングなさってください」だって!無理だよね~この爺には、すっぱり諦めることにしました。

ネットを見ていて気が付きました、フリーのアクセスカウンタがあるのです、しかも無料です。試したら、そうは簡単にはいきません、暇なときにチャレンジしてみます。



《このことは誰にも言わないでください。》
言おうかいわまいか散々迷いました、女房はやめとき!と言いましたが私のあまりにもの失敗談、恥ずかしながらも書きます。
私は風邪気味の状態が1週間ほど続いておりました。我慢ができず自ら医者へいきその状態を、事細かに伝えました。

一応インフルエンザは陰性で一安心です、普段あまり薬を飲まないのでよく効きます、頭痛も収まりこのまま回復に向かうのかと思われました。安静にするため5日間処方された薬を飲み切り常用している眠剤を飲んで眠り元気に仕事に出かけました。店に着いて先に来ていた女房が叫ぶんです「
あんた、ズボンは!」私は下半身を見て絶句!ズボンはいていない!ゲゲ、ユニクロのヒートテック一枚その日は暖かかった。

いくら気温が高いとはいえ気が付くはずだ、とうとう来たかボケが、それは必至で振り払う、飲んだ薬のせいだと確信する。
私は近所を歩くときは特に気を付けていることがある、まず、姿勢、目線、笑顔気味、知り合いに気を付ける、それらがこの日どう作用したのであろうか、二人ほどすれ違ったが何となく視線をそらしていたような気がする。知り合いには誰一人会わなかったのが不幸中の幸いでした。だがほとんど毎日通る道、誰かが・・・疑心暗鬼



      2016年11月3日(木)
          でかい!!


 藤庸子先生ご来店~毎度ありがとうございます。今日はロシア人医師お二人を伴ってです、他に脳神経外科の河瀬司准教授とサッポロ旭川病院外科医を伴っておいでくださいました彼はお若いのに頑張っています。もう何度かあっているので気さくに話させております。彼は面白くも調理師免許をお持ちで旭川ですし屋でバイトをしているそうで、すし屋で働いている動画を見せてくれました。

それを見て私が回転すしですか?訊いたところ、普通の高級すし店です!と笑って答えてくれました、寿司を握る姿は少しぎこちない。ロシア人の二人は礼儀正しい態度と日本語で接してくれます、加藤先生の教育ですかね。

以前みえた外国人の方同様写真を撮りまくりです、箸の使い方もすごく上手です、おまかせでお出ししたお寿司も完食です、お酒は飲まないので店の日本茶を美味しそうに飲んでいました。ガリも何度お出ししても食べきります。何ら日本人と変わりません、それ以上かも。

食事と歓談が終わり解散です。加藤先生お決まりの記念撮影です、少し躊躇しました並んで撮るには余りにも身長差が!!
意を決してカウンターの外へ出ます、私は3寸5分(約10cm)
の高下駄をはいています、それでもこの差、左側の彼には座ってもらいましたロシア人男性の平均身長は190cmだそうです。
私は彼らに高下駄を見せてあげました、驚いていました。

二人とも映画のスクリーンから抜け出したようなイケメンです、育った環境のせいかはわかりませんが性格の良さを感じました。わずか3時間足らずの国際交流?でしたがお別れの時は一抹の寂しさを感じてしまいました、あまりにも丁寧なお別れの挨拶に。

私は偉そうに言うわけではありませんが、何時も“一期一会”を心がけています、加藤先生のアットホームな雰囲気と笑顔にはいつも癒されます、「心を大切に生きていく」改めて思いました。


      2016年10月25日(火)
           何か悪い病気か

 
 
日くらい前から右の肩甲骨あたりの痛みに悩ませられていました、それは背中全体に広がり寝返りも打てないほど悪化しました。何か悪い病気かと悩み、それとも加齢のせいかとも思いましたがそれとは違うような、ネットであれこれ調べましたが分かりません。
あまりに続く痛みに耐えかねず、好きではない病院に行く羽目になりまして、それでも馬鹿な私は主治医に症状を全てを伝えず痛み止め
《ロキソニン》と湿布薬を処方してもらったのです3日ほどそれで何とかできましたが完治はしません。

特に右肩の痛みがひどく、背中全体、腰の鈍痛が続きました、痛部が移動するのです、日課のウオーキングや体操もできません、幸い仕事中は何ともなくて有り難い事です。数日して少し症状が和らいだのでウオーキングおよび体操を再開しました。
腕立て伏せ、毎日40回、今日最初の一回でグキ!激痛です、絶望的な気分です。なすすべもなく横になり耐えていました。

10分ほどであら不思議、痛みが消えました、それから2日間、嘘のように、何事もなかったように回復したのです、自己診断ですが重い物を持ったとき脱臼に似たことが起きていたのかも知れません、脱臼の経験はありませんが、忘れていましたが数日前、市場で重いものを待った記憶はあります、とにかくこのまま済めば有り難い、当たり前ですが人間何処が悪くても駄目ですね。

好調な時には考えもしません、かと言ってもあまり慎重になりすぎるのもどうかと思う、勝手なことを言っております。
身体が資本だと再認識した次第です、このまま何事もないように願うのみです。

先日、数年ぶりにご来店下さったカップルのお客様の一言にいい歳をして少し心が傷つきました。
親切心からか我女房がくどくどとホームページを宣伝します、アクセス№下3桁が揃うと焼酎ボトルを進呈と盛んに言います。
少しおバカな女房はお客様は行きつけのすし屋のHPなどにはさほど興味はないのに気が付かないのです、本人は全然読みません。

暇なときに少し読んで下さればとても製作者としては嬉しいのですが。暇で退屈な時に目を通して下さればよいと思っています。
だから私は興味を示してくれた方のみにお願いするのです、その意を解さない女房はやたらとボトルが当たるからと誰彼となく進め迷惑がられることがあります、事実今日の女性は「HPは見やすいのが一番!」と言われましたその通りだとは思いますが心が折れる////

      2016年10月17日(月)
          ブラックアウト


 京都の小池知事がボート競技場の話をテレビでしている、見ていると突然周りが闇になる、手元にあった懐中電灯を持って玄関にあるブレーカーを入れる、だがすぐに切れる変だなと思いどこか漏電箇所がないか考える。数日前に店で同じことが起きた、その時は偶然にも前もってネットでブレーカーについて検索して、ある程度の対処法が記憶の中に入っていた、そのことはすっかり忘れていた。

そしてまたも偶然に一人のお客様がいて漏電箇所の特定法を教えてくれました、二つの偶然で営業中のトラブルが回避できたのです。まだ夏の暑い盛りの事、頭の中はパニック状態 もしも解決できなければ営業は中止、冷蔵庫、生け簀などが使用できません、いっぱいに入った魚や貝が死んでしまいます、次の日に中電に連絡したり、対処を考えるだけでもめんどくさい。

そんなことがあった後の話です、自宅の電気トラブルが起きたのです、マンション中の人が懐中電灯を手に集まります。私は経験済みのトラブルなので「まかせなさい!」とは口に出さず、1階にある配電盤に皆を連れていき元のブレーカーボックスを開けスイッチを上に押し上げます、やはり入りません、漏電箇所を特定しなくてはいけません、右側に並んでいる小さいスイッチを全部押し下げます。

そこでまた本スイッチを入れます、そして小さい方を一つづつ入れていきブレーカーが落ちたところで配線回路が特定できるのです。
結果2階部分の不具合だとわかりました、10世帯ある各戸に行き原因を突き止めなくてはいけません、電化製品のコンセントを抜き点検です、気の遠くなるような作業で引き受けたことを後悔しました、所詮素人限度があるどうしよう!  

そこで目が覚めた、疲れ切った自分へとへとです、本当は我自宅は15世帯です、夢の中では1フロア10世帯15階建、面倒なことには首を突っ込まないこと、夢の中で得た教訓でした。

      2016年10月11日(火)
         facebook


 る日の投稿

テレビの刑事ものを観ていて気が付きました。
【結束バンド】は手で外せる!
ググってみてください。
知らなかったのは私だけ?
固定観念は怖い。

    《結束バンドを外す》  10月9日に投稿しました。


      2016年9月28日(水)
          非常識な男に我慢を強いられて


 共夫婦は休日は殆ど普段お世話になっているお店に顔を出します、カラオケ居酒屋が多いです。
今日も3人で食事をして二次会でカラオケ居酒屋に行きました。私はお酒を飲まないのでノンアルコールビールで歌を5~6曲歌います。余分なことですが点数では女房には負けます、うちのやつ結構やるんですよ。

さて、今日の出来事です、私共が2~3曲歌い終えました他のお客様たちの間をみながらです、その時男性の二人連れが来店しました、カウンターが満席なので後ろのボックス席につかれました、先客の私共は皆でしばらく順序良くマイクを回しあっていました。
女房が二人連れに気を使って歌ってくださいとマイクを渡しました、しばらくして彼らが歌いだしました、ここまでは良かったのですが―。

その歌は八代亜紀の歌で曲名は思い出したくもありませ!、私が上手いとは申しませんが、音痴でだみ声、我慢して聞きましたよ2曲続けてです、その間に私共も1曲ずつ入れました、だみ声から解放されたと思いきや「すみません、もう一曲」ときました。
しょうがないなぁ、と思いましたよ、我慢しました他のお客様もそうだと思います、順番を待つしかありません。

くどくどと書くのもなんですから、一気に書きます?女歌”を爺さんのだみ声で連続11曲聞かされたのです、お店のママも事情があるのでしょうが注意もしませんでした、私達(もう一人友人)だけでしたら早々に引きあげるところでしたが11曲もね~順番を待っていたのが莫迦みたいです、時間を返してほしいと思ってしまいました。常連のカップルさんも帰ってしまいました。

非常識な男に我慢を強いられて久しぶりに怒りを覚えましたが、最後の曲《銭形平次》をやけくそで絶唱しました。
こんな人には会った事、聞いたこともありません、カラオケにも礼儀作法があります。


      2016年9月22日(木
          褒められて伸びるタイプ


 は私、褒められて伸びるタイプなのです、今更それが当てはまる歳ではありませんそう思ってしまうには訳があります。
伸びしろがない、それは関係ないとして。実は今日薬をもらうためにかかりつけの医院に行きました、血圧は珍しく高く200を超えていました、幼稚園に行っている孫の敬老参観のため2時間ほど寝てとびおき大急ぎて駆け付けたしいでもあると自分勝手に思っています。

いつも処方してもらう薬は、眠剤、ビタミン剤、目薬、皮膚に塗る薬などどうでも良いような物ばかり今は眠剤をもらうため通っているようなものです、とても良い先生ですが、私は悪い患者です、高血圧の薬は断固として拒否するから先生にしてみれば困った患者です。
その先生にお世話になって30年は過ぎて、いつもの会話は「お変わりありませんか?」私は「ないです。」と答える事がほとんどです。

こんな患者に業を煮やしてか、聴診器を当ててから言いました《COPD》過去の喫煙歴からくる問題、(慢性閉塞性肺疾患)の疑いがありますから検査を受けたらどうでしょう。といいます。「またか」と思い考えていると「大橋さんはパソコンをされるから検索してみてください。
《COPD》調べましたよ、当たっているところも少しありますが、私の所見ではそんなに問題があるとは思えません。傲慢ですね。(反省)

何とか病人にしたいようで何かと言ってきます、それでも何かあって、「そら見た事か」と言われても自己責任で済ませます。
小心者故に、下手に検査を受けて病名を付けられ薬を処方され、生活の制限をされたりして不自由を余儀なくされるのには耐えれれません、こんな考えは間違っているのかも知れません、病にかかるときはかかるのだと思います。後悔はしません、十分生きてきたから。

不安をあおるお医者さんもどうかと思いますが、自信過剰の患者も変ですか?いざとなったときに泣きつくのでしょう。
私は健康面で多くの不安を抱えています、良い情報ばかりを取り入れて不安を打ち消しています、情報過多の時代お医者様もやりにくい事でしょう、すし屋の私とてお客様が情報だけで得た知識を論じられる事に少し違和感を感じます、慣れましたがね。

日テレ、日曜ドラマ《ゆとりですがなにか》Hulu(フールー)で10話全部見ました、若い役者さんいい味出していますね。
悲しいかな名前は一人も覚えられません。
今日の日記のタイトル褒められて伸びるタイプ」と、話の内容が合っていませんでした。


      2016年9月16日(金)
           依存症です


 は自分で言うのもおかしいが、かなり意志の強い男だと思う、例を挙げれば“枚挙に暇が無い”お話の前置として。
36歳で禁煙に成功し、54歳で禁酒に成功している、2000年から始めたコンピュータ遊びも独学で始め、何度も難しさに投げ出そうと思ったが、それなりにスキルアップしている、莫迦のように決めた事は継続している。健康面にも気を付けてそれなりに維持をしている。

そのようなことを自慢したくて書いている訳ではありません、自分の弱さなのかどうしても出来ないことがあります。
どんなに頑張っても甘いもの依存症から抜け出せないのです、それより増え続けて困っています意志だけでは何ともならない。
持病の糖尿病の改善のため女房の協力を得ての食事制限、運動を続けて薬も飲まずに済んでいます。

強靭な意思?を持っていても甘いものには心が負けて口にしてしまう自分が情けない、食べているときの陶酔感、至福感そして
罪悪感。以前何かのコラムに書いてあったのですが、糖分摂取は麻薬と同じ薬物依存のように抜けだすことが難しいようです。
何とかしようとは思うのですが目の前にそれがあると手を出してしまいます、自己嫌悪に陥りながら、無駄な努力をしている。

3カ月に一度の血液検査が近づくと少しは控えるのですが、それが終わると元の木阿弥、合併症に怯えています。
他人様にお聞きすれば、皆さま何かしらに依存症を抱えておられるようです。これを書いているうちに空腹になり菓子パンを半分食べ
小豆バーを狙っている私、ヘモグロビンA1cの値が怖い、検査を先延ばしにしようかと思う。  因みに体重が2キロ近く…

甘味依存症は怖いですね、禁断症状もあります!

      2016年9月14日(水)
           今更ながらわかった事


 この歳になってわかったことがあります、わかったというより再確認したという事かなかな、それは最後に書きます。
近頃思う事、自分で言うことは変ですがこんな私を高評価してくださる方が多くなった気がします、特別意識して自分を飾っているのではないのですが不思議なことです、勘違いでなければ、私というより私共の事です、何故か皆様との親密度が増している気がします。

だから幸福度が増しています、お客様たちとの会話が楽しいのです。原因として考えられることは、昔からまじめに人と接してきたからなのか、その成果が表れてきたのか、相手の顔を真正面から見つめ(実際は見ていないかもしれない)お話をよく聞き正しく理解しようとしてきました、うまくは言えませんが心を込めて接してきたことが良かった、と、そんな事が今強く感じられるようになったのです。

今までもそうであったのに若さのせいで気付かなかっただけなのかも知れない、自分の生き様を自画自賛している訳では決してありません、ただ、今の至福感を書き留めておきたいのです、老若男女問わず人が好きになってしまう、これはどう説明がつくのでしょうか?
もしかしてもう己の寿命が尽きる日が近いのかな、冗談です。毎日思います、今日は何方とどんなお話ができるのかな。

余談ですが先日、娘ほどの年頃の子に言われました、道ですれ違った時の事を言われました「大将、少年みたいですね」どう解釈すればいいのかな、子供ぽくなった、そう見える?まぁー褒め言葉だととっておきます。今は嬉しがっていますが2~3日したらまた不平不満を長々と書き綴っているかも知れません、その程度の男です、しかしながら向上心は衰えてはいません、結果は別として。

タイトルの意味《今更ながらわっかた事》笑顔で接すれば笑顔が返ってくる、何を言っているのやら。

      2016年9月5日(月)
           日記が更新できないわけ

 
    記が更新できないわけを箇条書にしてみました。

●時間がない、何故か近頃残業が多い、嬉しい事ですが、深夜のウオーキングにも行けない日がある。
●日記のお題が浮かばない、浮かんでもすぐに忘れる、私は大丈夫か。
●水槽の水漏れ、水中ボンドで修理してもわずかに漏れる、1日でバケツ半分位、対策委追われる。水中ボンド大出費  半端じゃない労力も使った、そのため睡眠不足。

●気力不足、根気がない、日記は楽しんで書かなくてはいけないと思っているから、何とかしたい。
●原因不明の体調不良、右肩甲骨の痛み、それが終わるとすぐに右側の腎臓の痛みがあるそれも就寝中に限る、
 ネッ トで調べ不安になる、しばらく続いたが幸い現在はすべて解決した。

●10数年ぶりのひどい肩こりになる、後に重いものを高いところに持ち上げた(水槽の修理のため)と判明。
●プロバイダーのHPサービスが打ち切られる対策を考える、方法はあるのだが面倒そう、今月29日が期限。
●オリンピックに夢中になり睡眠不足、でも楽しかった、この歳になると次が観れるのかわからない。

●まだ他にもあった様な気がするが思い出せない!そうか、まだ沢山することが残っている。



《年寄りの冷や水》と言われそうだが、ここ数十日のスケジュールは殺人的でした、何かに追われるように様々な用事をこなしていく。
我ながら危険と隣り合わせな生活でした、今はゆっくりドライブでも楽しみたいが我女房は全くその気がない5人いる孫の誰かを連れ出したい気持ちになるが、自営業の私とサラリーマンの息子達との時間の調整はできそうにもない。やはり一人ドライブか……

      2016年8月23日(火)
            加藤教授


 日は(昨夜)加藤庸子先生が「寿司はし」を借り切ってパーティーを開いてくださいました。
アメリカ人の研修医も3名参加です、それぞれの方を紹介してくださいましたがとても全て覚えきれるものではありません若い男性は医師1年生だそうです、加藤先生の甥の方もいました。

お酒が進むと同時に皆さん陽気になります。
私は加藤先生を一人のお客様として接して
いましたが、立派な肩書と実績は世界的に

有名なお方だとは後から気が付きました。
そのような態度をおくびにも出さず今日の
メンバーに対しての気配り心配りに感心して
いました凄いです、私共に対してもです。

人間的にすごく魅力を感じます、世界的なお方とお知り合いになったことは大変光栄です。
その立ち居振る舞いはおごり高ぶらず(と言っては良いのかわかりませんが)どなたにも好かれます、そしていつも微笑んでいます。

一人の新人医師がアメリカ人に日本語を教えていました、その中の面白い話を少しします。
「すいません、すみません」の意味を説明していました彼は相棒に肩と肩をぶつけるように求め「すみません」とやりました、今度はビールを注がせ「すみません」とやりました、なるほど医師集団、頭の回転が速い!感心しました。

その彼が仲間に話していた言葉、もう一度学生ができるなら東大に入って「人間環境学」を学びたいと言っていました。
「医師免許はどうするんだ!」と、突っ込まれていましたがね、その彼は会話がうまくアメリカ人を笑わせていましたネットで調べたら確かに東大に人間環境学部がありました、その意味がわからなくもないキャラクターでもありました。

加藤先生と初めての会話は、外国人3名とお見えになって流ちょうな英語でお寿司の説明をされていたので思わず
「観光ガイドさんですか?」と聞いてしまったのです、笑顔で「そう見えますか?」と答えられ、その時は何とも思わなかったのですが知れば知るほど赤面もの。こんな私共の店をごひいきにして下さる、ありがたい事です。


         2016年8月17日(水)
          今日は歯医者に行く


 字変換でよく例に出される言葉、キーボードで「きょうはいしゃにいく」と打つと「今日廃車に行く、今日は医者に行く、今日歯医者に行く」などと変換される。これ以外にも自分で笑ってしまう失敗が多々あります。
今回は変換ミスのお話ではなく本当に今日歯医者に行くのです。

数十年前、私の奥歯が虫歯で抜けていたので(昔は痛みの伴う虫歯はすぐに抜歯でした)近くの歯医者さんにでかけ、他の事ですが治療をしに行きました、その時ついでに勧められて抜けた部分にブリッジをかけました、健康な歯を2本削り金属を被せて部分入れ部分入れ歯を固定するのです、接着剤で固定するのですが、ガムやお餅などを食べると外れてしまう事がよくあります。

その都度再度接着のため予約を入れて出かけるのですがめんどくさい、今年のお正月前後またブリッジが外れた、歯医者は休みなので数日間食べ物を噛むのに不自由しました、そこで一計を案じ瞬間接着剤アロンアルファで着けてみました、何の問題もなく半年が過ぎました。ところがこのお盆期間中反れば外れたのです、心配はしていたのですが。

真ん中の細くなった弱い部分から折れたので仕方なく今日歯医者に行く、内心自己判断で行った治療が先生に叱られないかと冷や冷やしています。何度も外れる入れ歯を作る歯医者の先生にも問題があるとは思いますが、決してヤブと思いません仕事が早くて治療を長引かせないのです、信頼はしているのです。

アロンアルファは少々乱暴だったかなと反省しています、内部に雑菌でも入っていたらと思うとぞっとします。
何でも思い付きで行動してしまう自分が危険だ。歯医者は今日の午後5時30分予約、結果は後程に。寝ます。
オリンピック期間中は楽しいですが、お客様は少ないです。


 歯医者の結果
先生にアロンアルファで接着したことを告げると、叱られると思いきや、笑って言いました。
注意してつけないと斜めになったり、ずれたりして大変だから注意してくださいですって。
私は思う、もしかしたら歯医者さんでもアロンアルファを使用しているのかな。


     2016年8月8日(月)
         損得


 女房はよく損得を口にする、例えば昨年購入した店舗用エアコンや今年の冷蔵庫の値段に対して、あわてるから高いものを買ったと愚痴る、両方とも緊急を要したから私の独断でネット検索した業者とろくに値段交渉もしませんでした。私は値切ることはあまり好きではありません、法外な値段でしたら考えますが、なるべく相手の言い値で買います。

これは市場の仕入れでも同じです、理由は自分がそうされることは望まないからです。最近、生意気にも勉強している経済について得た知識で考えれば、誰かが得をすれば誰かが損をする、てな話でも真逆に考えれば理解できます。
経理にすれば貸借対照表のように資産の部と負債の部は同じでなければいけません。

こう話すと何だか“せこい”ことを言っているようですが違います、高くも物を買えば損をしたようですが、その人や会社は利益が上がり、そのお金を使います、それが巡り巡って帰ってきます、なんて女房を説得しますが、解った様な解らない様な顔をします、私達はそのようなお客様に支えられ生活をしています、事実40年以上商売を続けられたのですから。

極論かもしれませんが、安くものを手に入れることは得をしたような気がしますがそれを追求しすぎて起きている現象がデフレの正体だと思います、緩やかなインフレそれを上回る賃金の上昇、これが経済発展のカギだと理解しています。
まだまだ書き足りませんが、似合わないのでこのあたりで、何を血迷ったか、こんなことを考える今日この頃。

  追記
今私がこのような考えでいられるという事は気力体力が充実しているのかも知れません、意味不明かも。
物欲が感じられません、知識欲や何か新しいことを始めたい欲望が沸いて仕方がないのです。
残りの人生に照らし合わせても、何だか無駄なことをしている気もします、今やっている事が何の役に立つのか?と。

楽しいからよいのですが、返って己の身になにか悪いことが起きるような不安も少しよぎるのです。
過去にも同じような気持ちになったことは多々ありましたが、何とか無事に来られたのですからこれからもそうでしょう。
そう願うしかありません、時は否応うなく過ぎていくのですから。


    2016年7月28日(木)
       やればできる!


 こ1ッカ月以上難問が山積でした、何とか一つずつかたずけるため悪戦苦闘の毎日でした。
市県民税の仕組みが変わりこの機会に電子納税eLTAXを始めます、そのために電子証明書が必要になりました。
それには個人番号カードが必要になり女房と二人分ネットで申請しました、2週間ほどで通知が来ると思っていたところ約一カ月で通知が来ました区役所で何とかもらってきたのですが、煩雑な手続きに辟易しながら。

次は難解な特別徴収関係の書類を読んで内容を理解しなくてはいけません、この手の書類は苦手です。
読んで理解するのには私の頭脳では簡単にはいきません、何度も問い合わせをしながらなんとかやりこなしました。
その間にも問題発生、40年近く使い続けた店の冷蔵庫が故障して冷凍機の買い替えしか選択肢がありませんでした。

あまりにも旧式のため部品がなかったりフロンガスの問題だったりして買い換えるのには自分の残りの人生を考えると悩ましい事ですが必要に迫られて即決断しました、高額ですが冷蔵庫は営業にはかかせない設備投資ですから。
去年はクーラーと車を買い変えました、老後の生活資金として蓄えたわずかばかりの財産が目減りしていきます。

しかし前進しかありません、経済効果に寄与する。幸い女房共々何とか健康を保っているので有り難いと思っています。
まだ沢山困りごとは起こりました、これからも何かと起きるでしょう、数年後この日記を笑って読み返したいですな。
「やればできる!」の精神で今日までこれたのだから、これからも少しの努力と後は他力本願あるのみ(冗談です)。

人は誰でも多少、大小の悩みを持っている、己に限ったことではなくてです。これまでの人生で見たり聞いたり体験してきた事は現実です、忘れることは有り難いことだ、いつも思っていては気が変になる、現実逃避、使わない手はない。
出来ることなら安楽に暮らしたい、だがそうはいくまい、何を言っているのかわからなくなったので本日はこれまで。

   2016年7月16日(土)
     インターナショナルのお寿司屋さん
 

 なじみの湯浅君が娘さん左端とお孫さんを連れて来店です、先客の皆さんと記念撮影。とてもフレンドリー
先客中央の男性はアメリカ人、右隣の方はウズベキスタン人、彼はイスラム教徒なので豚肉はだめですがそれ以外は何でも食べます、右端の女性は湯浅君の内縁の妻で看護師をしております、加藤先生とご自宅が近く少し話し込んでおりました。

ウズベキスタン人の彼は以前加藤先生のもとへ研修のために来日、当店にも各3度通っていただきありがとうございました。ここには映っていませんがイギリス人の彼は両親を、中国人の彼は奥様を、インド人(ベジタリアン)の彼は無理ですが、3カ月の滞在(研修)を終え母国へ帰られたそうです、先生曰く彼らはホームシック寸前だったそうです。

加藤庸子先生は人々はこうして出会いと別れを繰り返しているのです、この私は「一期一会」気持ちでおもてなし。
お寿司が大好きな彼らは本当に美味しそうに「デリシャスー」の連発です、私も嬉しい、国は違えど心は同じ。

生わさびがお気に入りで、擦りおろしの実演を希望されます、珍しそうに見て納得、円を描くように擦り細胞を壊すと辛みが増しますと説明しました、もちろん加藤先生の通訳です。

そのわさびを追加注文をして、どっさり寿司の上に乗せケーキのデコレーション様に満足そう、日本人でも真似ができないほどに、六つに切った鉄火巻の上に山盛り、それを並べたままに見て写真を撮り満足そう、日本人にはこんな発想はありませんよね。

先に帰国されたイタリアと中国のお二人にはもう二度と会うことはできないでしょう、少し寂しく思う、皆さんフレンドリーだったから、人生は出会いと別れの繰り返し。

その時テレビではフランスのテロを放送しています、アメリカ人の彼が言う事には「アメリカでは毎日凶悪犯罪が多発していてニュースにもまなりませ~ン」私はみなさんを見まわし「こうして沢山の人々の命を奪う悪人がいる。ここには救おうとする方々がいる。」彼らは頷いていました。

Drグループは食事を終えてお帰りになるところでした。記念写真をとるために集合したところに出くわして誘われるがままに、湯浅ファミリーは訳もわからずこのポーズ、加藤先生が言いました「《寿司はし》さんはインターナショナルなお寿司屋さんでーす」。次はどこの国の人を連れて来てくださるのかな。

   2016年7月4日(月)
    スーパードクター


 度すみません。加藤庸子(かとうようこ)6月7日火曜日に掲載しました先生(中央の女性)についてもう少し書き込みをします。
今日ご来店くださいましたマッサン夫妻のお話で、2~日前、夜11頃テレビを見ていたら偶然加藤庸子先生がテレビに出ていましたと知らせてくれました、私のHPかfacebookで見て先生の事を知っていたのです。

「スーパードクター」のタイトルで詳しく紹介されていたそうです、もう一つ偶然に加藤先生の左側の方はマッサンの母親の主治医でした、(入院中の事で今は転院しました。)テレビで知ったのですがかなり有名なドクターです。加藤庸子でネット検索してみると詳しく紹介されています、初対面の雰囲気とはまるで違う人物に驚きました。

普通では口もきいてもらえそうにもないです。それがあまりにも気さくなお人柄につい「ガイドさんですか?」と訊いてしまった自分です、いま思い出しても知らなかったとはいえ失礼の言動に一人赤面です。
ネットで見てドクターとしての腕前、経歴すべてが素晴らしいのですが、それ以上に人間性に惹かれます。

私が感じた第一印象は温かい人柄でなんとも言いえない癒し系、そのままにマスコミ、週刊誌に取り上げられたりしています。お時間があればぜひ加藤庸子先生をクリックしてみてください、ご本人の写真もいいですよ、今でもお綺麗ですがお若いときはかなりいけています。






   2016年6月28日(火)
    横着して年号を変えていませんでした


 ヤジの日記の新しいページ、これは年度が替わる度リンクの設定をしなくてはいけないのですが、ふと見ると
2015年のままになっていました、そのうちにと思っていたら半年も過ぎていました。
この作業は結構面倒なんです、とりあえずつなげることができました、こんなところにもずぼらな性格が出てしまう。

以前は簡単にできていたことが、そうはいかなくなってきたようです、何事もおざなりにしてしまう。
しかし時には何故か急に頭脳がさえわたることがあります、今回がそれでしょう、不思議だ。
私の読書好きはあい変わらずで難しい本を読み漁っています、私にとっての事ですから人様にとって難しさはそれほどでもない事でしょう。

ページ数が多い事が私にとって難しいという事だと思います、目を酷使するのがつらいです。
先日あることがきっかけで《星新一》という作家を知りました、1926年~1997年のSF作家です、知らない私が莫迦ですが仕方がありません。細かいところはググっていただくとして、この小説は小説が嫌いな人のための小説と言う。

長い物語が嫌いな人にとって、この小説は、「たった数ページの物語で笑いと感動を届けてくれる
」と書いてある。
面白そうなのでAmazon電子書籍で2冊買い求めました。値段が安いから、1冊4~5百円です。
思った以上に面白く「ショートショート」だから頭を休めるのに丁度よい。

普通の小説からしたら全然短いのに、話の密度が濃すぎる」
「読んだ後で、(少し大げさですが)人生の見方が変わりました。我々は毎日、いろんな行動をして生活していますが、その一つ一つがこれと同じ


上に二つのレビューを挙げましたがその通りです気分転換にも良い、子供のころ読んだ話があって懐かしい気分です。古い時代の小説ですが現在読んでも少しも違和感がないのです。まだ5~6話しか読んでいませんがSF小説です
コンピュータの事などITの話は出てきません、それに近いことは出てきますから先を読むのが楽しみだ。


疲れたので校正はできたら後日にします。
前回の日記をご覧になる方は《旧ページ》をクリックしてください。

《いつも校正と校閲は不完全です

2013nikkirasut.htmlへのリンク